ミラクル大仙人のオフィシャルサイトをまずはご覧ください "http://super-daisennin.com/"


皆様こんにちは。

ハッピーラッキーミラクル大仙人です。


ミラクル大仙人と行く開運神社参拝第11回、その予定地は諏訪大社です。

7月という最も暑い時期に諏訪大社に参ります。

今年2016年は、7年毎に開催される諏訪大社の御柱祭が開催されている年です。

記念すべき年に約50名の皆様とご一緒に参拝させて頂く予定です。

諏訪大社は信濃國、長野県一宮、全国に25,000社ある諏訪神社の総本宮になります。

長野県中央区の諏訪湖を挟んで、南に上社本宮、上社前宮、北に下社秋宮、下社春宮と2社4宮から成る神社になります。

諏訪大社の最も凄い所は、全国でも指折りのパワースポットであるという点です。

そのパワースポットの圧倒的な凄さというのは、そのスケールの大きさから来ております。

1つ目が、日本の大龍脈、南北アルプスを背後に信濃國である一宮であるという事。

2つ目が、本州を東西に分断する大断層があります。
その大断層を糸魚川・静岡構造線と言いますが、その中央部にある大地のエネルギーが凝縮されている大神霊地場、高次元地霊場、磁気場所、高次元のエネルギーが蓄積されている場所と言っていいでしょう。

上社本宮が実際に、その断層の上に立っております。

3つ目が、日本三霊山の富士山と立山を結ぶレイライン上に位置しております。

レイラインをご存知でしょうか?

パワースポットとパワースポットを結ぶエネルギーラインの事ですが、このレイライン上に位置しております。

そして4つ目が日本書紀、日本神話のお話になりますが、鹿島神宮の御祭神の建御雷神(タケミカズチノカミ)と、諏訪大社の御才神の建御名方神(タケミナカタノカミ)が共に戦ったという古事がございます。

その戦友とも言うべき軍神、鹿島神宮とが東西のレイラインで結ばれております。

これが諏訪大社の日本有数のパワースポットの秘訣であります。

続く・・・


ハッピーラッキーミラクル大仙人拝