ミラクル大仙人の開運神社参拝

ミラクル大仙人が紹介する日本全国の開運神社、パワースポットです。あなたにぴったりの開運神社を見つけて参拝いたしましょう。

2014年10月

10月31日生まれの有名人「蒋介石」



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト


蒋 介石(しょう かいせき、蔣介石、1887年10月31日 - 1975年4月5日)は中華民国の政治家、軍人。第3代・第5代国民政府主席、初代中華民国総統、中国国民党永久総裁。国民革命軍・中華民国国軍における最終階級は特級上将(大元帥に相当)。孫文の後継者として北伐を完遂し、中華民国の統一を果たして同国の最高指導者となる。1928年から1931年と、1943年から1975年に死去するまで国家元首の地位にあった。しかし、国共内戦で毛沢東率いる中国共産党に敗れて1949年より台湾に移り、大陸支配を回復することなく没した。


1887年、奉化県(現奉化市)渓口鎮に生まれる。
1902年、毛福梅(当時19歳)と結婚。
1904年、奉化の鳳麓学堂や寧波の箭金学堂で学ぶ(1904年 - 1905年)。
1906年、保定陸軍軍官学校で軍事教育を受ける。
1907年(明治40年)、渡日し東京振武学校へ留学する。
1909年、大日本帝国陸軍に勤務。陸軍十三師団の高田連隊の野戦砲兵隊の将校( - 1911年)
1910年、蒋経国誕生(1927年、毛福梅は出家、離縁する。1939年12月、日本軍の空襲で奉化県渓口鎮で死去)
1911年 - 1912年、辛亥革命に参加。後に孫文に認められ、国民党内右派の代表として頭角を現す。
1923年、孫文の指示により、ソ連の軍制を視察。
1924年、広州の黄埔軍官学校校長に就任。
1926年7月1日、中国国民党・北洋軍閥等に対し北伐を開始。
1927年(民国16年)、宋美齢と結婚。
1927年、上海クーデターで中国共産党を弾圧。党および政府の実権を掌握する。
9月に満州問題を主題とし田中義一首相と会談し、北伐(中国大陸統一)・対共戦に対する支援の見返りに満州国建国を承認する[3]。
1928年、政府主席となる(南京国民政府)。基本政策は反共、対日、対英米善隣外交。
1931年、柳条湖事件で満州事変が勃発。
1932年、満州国建国。中国は国際連盟に提訴。
1933年、塘沽停戦協定締結。
1935年3月30日、中華民国特級上将に叙される。
1936年、3月、西南旅行の途次、南京に立ち寄った松井石根大将と会談。
12月、西安事件で軟禁される。この事件により対日・反共政策の見直しを迫られる。


1937年(民国26年)、7月盧溝橋事件を契機に、抗日を推し進める。
12月、日本軍による首都南京の占領が不可避と判断し、四川省の重慶へ遷都。
1938年、トラウトマン工作の吊り上げにより和平破綻。トラウトマン工作打ち切りで、泥沼化。
1940年、桐工作で板垣征四郎と汪兆銘との会談が検討されたが、蒋は出席せず。
1941年、7月に日本をABCD包囲陣で経済封鎖。11月にハルノートが出される。
12月、日本が対英米と戦争状態になることで日米が第二次世界大戦に参戦。蒋介石は連合国共同宣言に署名し、中華民国が四大国の一員となる。
1942年、スティルウェルが中国戦区連合国軍最高司令官・中国戦区参謀長に就任する。
1943年、繆斌と対日単独講和を検討。
11月、ルーズベルトの要請でカイロ会談に参加され、四人の警察官構想の一員になる。これにより台湾や満州の返還が約束された。
1944年、日本陸軍最大の攻勢大陸打通作戦によって蒋介石の国民党軍が大打撃を受ける。
10月、スティルウェルを参謀長から解任する。
1945年、抗日戦争(日中戦争)に終戦。毛沢東との交渉により双十協定を締結する。
1946年、国共内戦に突入する。
1948年、中華民国の初代総統に就任(ただし反発を受け翌年辞任)
1949年、国共内戦で敗北。首都南京を脱出し、重慶などを経て、12月に成都から、息子の経国とともに飛び立ち台湾へ到着。事実上台北への遷都を強いられる。
1950年3月、再び総統に就任(第五任(第5期)まで務め任期中に死去)
1969年、交通事故に遭って体調を崩し、この年を境に表舞台には出なくなる。
1972年、6月に肺炎にかかり一時重篤な状態になったが持ち直した。しかし、これを期に以後は公の場に姿を現す事はなくなってしまった。
1975年4月5日23時50分、死去。死因は心臓麻痺とも心臓病とも言われる。87歳没。任期中死亡のため副総統の厳家淦が後任総統に昇格。

10月30日生まれの有名人「仲間由紀恵」



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト


仲間 由紀恵(なかま ゆきえ、1979年10月30日 - )は、日本の女優。

沖縄県浦添市出身。プロダクション尾木所属。夫は俳優の田中哲司[1]。


日出女子学園高等学校出身[2]。
兄3人姉1人の5人兄弟の末っ子。
普通自動車免許、スキューバダイビングと2級小型船舶操縦士の資格を持つ。特技は琉球舞踊で、技能は師範代レベル。

1993年(平成5年) - 工藤静香に憧れ、地元のタレント養成学校「沖縄タレントアカデミー」に入学(同期に阿波根綾乃、島紘子がいる)。
1994年(平成6年) - 沖縄テレビ放送『青い夏』の一般公募オーディションでグランプリに輝き、ドラマデビュー。
1995年(平成7年) - 『青い夏』のドラマプロデューサーからプロダクション尾木を紹介される。工藤静香の所属事務所だったことにも縁を感じ上京。
1996年(平成8年)
東京パフォーマンスドールに一時在籍。
ともさかりえ主演の映画『友子の場合』嶋田咲子役でデビュー。
小室哲哉の音楽番組『TK MUSIC CLAMP』のエンディング曲「MOONLIGHT to DAYBREAK」(作曲は久保こーじ)で歌手デビュー。
『トゥルーラブストーリー』のCM出演、および主題歌を担当。
1997年(平成9年)
テレビアニメ『HAUNTEDじゃんくしょん』で声優デビュー。オープニングとエンディングの主題歌も担当。
『ゲルゲットショッキングセンター』(ニッポン放送)水曜日のアシスタントを担当(半年間)。
『しあわせ色写真館』でテレビドラマ初主演(秋本香菜役、丹阿弥谷津子とのダブル主演)。
『踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル』に出演(北見繭役)。
1998年(平成10年)
『機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-』ラピス・ラズリ役(声優)を担当。
『ミリオンナイツ』(TOKYO FM)水曜日レギュラーを担当。
ドラマ『神様、もう少しだけ』で主人公の亡くなった恋人の妹役で出演。
1999年(平成11年) - ドラマ『君といた未来のために 〜I'll be back〜』に出演。
2000年(平成12年)
『リング0 バースデイ』で映画初主演。
主演を務めたドラマ『TRICK』の山田奈緒子役でブレイク。『TRICK』はシリーズ化され、スペシャル版や劇場版も制作され、自身の代表作となった。
2002年(平成14年)
ドラマ『ごくせん』に主演。ドラマは第3シリーズまで続き、スペシャル版や劇場版が制作されるなど『TRICK』と並び、自身の代表作となった。特に第2シリーズの最終回は、最高視聴率32.5%を記録した。
『第53回NHK紅白歌合戦』で初の紅白ゲスト審査員を務める。
2005年(平成17年) - 『第56回NHK紅白歌合戦』で初の紅白司会を務める。
2006年(平成18年)
大河ドラマ『功名が辻』に山内一豊(上川隆也)の妻の山内千代(見性院)役で主演。
『第57回NHK紅白歌合戦』で紅組司会者として2回目の紅白司会を務める。
2007年(平成19年) - 『ナツひとり -届かなかった手紙』(新橋演舞場)で初座長公演を務める。
2008年(平成20年)
『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』で初のチャリティーパーソナリティーを務める(同番組への初出演でもある)。
『第59回NHK紅白歌合戦』で紅組司会者として3回目の紅白司会を務める。
2009年(平成21年)
『フジテレビ開局50周年記念ドラマ第2弾 木曜劇場・ありふれた奇跡』に主演。
『第60回NHK紅白歌合戦』で紅組司会者として4回目の紅白司会を務める。
2010年(平成22年) - 『第61回NHK紅白歌合戦』で2回目の紅白ゲスト審査員を務める。
2011年(平成23年) - ドラマ『美しい隣人』では主演で悪役を演じ、新境地を開く。
2014年(平成26年)
NHK連続テレビ小説『花子とアン』で主演の吉高由里子演じる村岡花子の友人葉山蓮子を演じる。
2015年(平成27年)
舞台『放浪記』で主演予定[3]。

10月28日生まれの有名人「ビルゲイツ」



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト


ウィリアム・ヘンリー・"ビル"・ゲイツ3世(William Henry "Bill" Gates III、1955年10月28日 - )は、アメリカ合衆国の実業家。マイクロソフト社の共同創業者・元会長・顧問、ビル&メリンダ・ゲイツ財団共同会長。カスケード・インベステメント最高経営責任者、コービス会長、bgC3共同創業者、マイクロソフトリサーチ共同創業者

称号はイギリス女王より名誉騎士(名誉大英勲章ナイト・コマンダー)、早稲田大学及び立教大学より名誉博士を贈られている。シルバー・バッファロー章、アメリカ国家技術賞も贈られている。

ロバート・ゲーツと同姓だが、日本語での表記は慣用的に「ゲーツ」ではなく「ゲイツ」とされることが多い。身長は178cm[2]。

経歴編集

「マイクロソフト」も参照

幼少時代
ゲイツは、1955年10月28日にシアトルでウィリアム・ヘンリー・ゲイツ・シニア(1925年 - )とマリー・マクスウェル・ゲイツとの間に生まれた。[3][4]。ゲイツ家は裕福な家庭だったが、自分のことには一切お金を使おうとしなかったそうだ。[5]会衆派教会の日曜学校に通い、聖歌隊で歌い、ボーイスカウトにも入っていた。また、エドガー・ライス・バローズのターザン物や火星人物を読みあさる一方、フランクリン・D・ルーズベルトやナポレオン、偉大な発明家などの伝記を耽読した。[6]彼は小学校を優秀な成績で卒業した。IQは160[7]。

その後、シアトルの私立レイクサイド中学・高校に入学した。レイクサイド校は、1967年当時シアトルで授業料が最も高い学校だった。レイクサイド校ではDEC社のPDP-10を生徒に貸しており、そこでコンピュータに興味を持つようになった。高校生のとき、友人のポール・アレンとともにトラフォデータ社を創業し、州政府に交通量計測システムを納入したり、オレゴン州ポートランドの会社の、COBOLでの給与計算システムの作成を手伝ったりしていた。1973年に、ゲイツはハーバード大学に入学。そこで後にゲイツの後任としてマイクロソフト社CEOとなるスティーブ・バルマーと同じ寮に住むことになる。ハーバード大学では、法律を学ぶことにしたが法学に熱中することができず、何時間もポーカーをやっていたり、自室に座りこんで「残りの一生をどう使うべきか迷って落ちこんで」いたりしたという。その頃、『ライ麦畑でつかまえて』や『ア・セパレイト・ピース』などの小説を読みふけることもあったらしい。[8]


1975年、ポピュラー・エレクトロニクス誌にアルテア8800のデモが載っていたのを読んだゲイツは、アルテア8800を販売していたハードメーカーMITSに電話をかけ、実際には未だ何も作成していないBASICインタプリタについて「私は移植に成功した。購入してくれないか?」と鎌をかけた。その結果、返事が来たため、同社がBASICの販売に関心があると見抜き、それから移植を開始した。

8週間後、ゲイツとアレンの寝食を忘れたプログラミングの結果BASICの移植は完了する。 いざ完了してMITSの本社のあるニューメキシコのアルバカーキに運ぶ際、アレンがBASICのブートローダの開発を忘れていたことに気がつき、移動中の飛行機中で完成させた。このときゲイツはボストンの大学寮でアレンの帰りを待っていたため同席はしていない。そしてゲイツはハーバード大学を休学し、アルバカーキに引っ越してアレンと共にマイクロソフト社(当時はMicro-Softと綴った)を創業した。

1980年、IBMは、Apple IIの成功を見て、パーソナルコンピュータ市場への本格参入をはかることにし、IBM PCの開発に乗り出した。短期に開発することを目指していたため、OSについては自社開発をあきらめ、既存のOSを採用・改良することにした。当時、多くのパーソナルコンピュータのOSとして普及していたのは、ゲイリー・キルドールによって創業されたデジタルリサーチ社(Digital Research Inc.)が開発したCP/Mだったが、OS採用をめぐるIBMとデジタルリサーチ社との交渉は不調に終わった。

そこで、IBMはマイクロソフト社にOSの開発を要請した。その際に、当時OSの開発を行なっていなかったマイクロソフト社は、Seattle Computer Products社から$56,000で手に入れたCP/M互換OS、86-DOS(QDOS)をIBM PC用に改良、PC-DOS として納入、このPC-DOSをさらにMS-DOSという名前で他のパーソナルコンピュータにもライセンスで供給することにより、現在の基礎を作った。$56,000の価格については、破格の条件でありタダ同然の価格でだまし討ちであったと言われ、後に100万ドルを支払っている。

しかし、パロアルト研究所でAltoを見ていずれMS-DOSでは将来的に通用しなくなる事も理解していたため、Windowsの開発に乗り出した。断られたりはしたが、Mac OSのライセンス契約をしようとしたり、Macの最初のサードパーティとしてMac OS用のWordやExcelの制作も、そういった動きの一環だと見る向きもある。そして、Macintoshの発表前に、アジア圏を中心にWindowsを発表。同社の開発したオペレーティングシステムのMicrosoft Windowsは1990年代後半には世界1位の市場占有率となり、彼の名は世界に知れ渡った。

結果的にApple社を出し抜いた形になったため、ここからスティーブ・ジョブズと彼との、または、Macを愛用する者とWindowsを愛用する者との確執は始まったとも言われているが間違いである[9]。当時の、タイリングしか出来ないDOSのシェルであったWindows 1.0は初期のMacに比べても非常に貧弱でソフトもほとんどなく、米国ではWindows 3.1、日本ではWindows 95が出るまではライバルと成り得なかった。AppleとMicrosoftの訴訟合戦はジョブズがAppleを去った後のことであり、ジョブズが1997年にAppleに戻ってから全ての訴訟で和解している。


2000年1月にCEO職をバルマーに譲り、2014年2月にはマイクロソフト社の会長職をジョン・トンプソンに譲る。現在はテクノロジー・アドバイザー。[10]

2006年6月15日、2008年7月にゲイツは第一線から身を退き、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団での活動を重視すると発表、CSA(Chief Software Architect、主席ソフトウェア設計者)職をレイ・オジーに移譲した。そしてその発表通り、2008年6月30日をもって会長職にはとどまるものの、フルタイムの仕事からは引退、2014年2月4日、会長職から退いて「技術担当アドバイザー」となり、後任にはジョン・トンプソンが就任した[11][12]。

10月27日生まれの有名人「阿部敏郎」



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト



1974年
フォークグループくもと空のメンバーとしてボーカルとギターの他、ピアノやサックスなども担当。

解散後はシンガーソングライター活動を開始。

あおい輝彦秋吉久美子アグネス・チャン清水由貴子太川陽介松平健松本ちえこ芳本美代子レモンパイらに楽曲を提供。

資生堂ギフトハウスとんがりコーン液体アクロンなどのCMソングも作曲している。

後にラジオのパーソナリティーや俳優としても活動を行うが、突然芸能活動を中断。

1991年に歌手の惣領智子と結婚し、2002年沖縄に移住。

沖縄移住後アーティスト活動を再開し、現在は2006年から始めた精神世界系のブログが人気を集め、講演活動が全国に広まっている。

1953年10月27日 静岡県浜松市に生まれる

10月23日生まれの有名人「マイケルクライトン」



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト

ジョン・マイケル・クライトンJohn Michael Crichton1942年10月23日 - 2008年11月4日)はアメリカ合衆国シカゴ生まれの小説家SF作家映画監督脚本家


全世界で1億5千万部もの本を売ったベストセラー作家であり、多くの作品が映画化された。1994年にはテレビ(『ER』)、映画(『ジュラシック・パーク』)、書籍(『ディスクロージャー』)で同時に1位となる快挙を成し遂げた[2]。テレビドラマ『ER』では製作総指揮を務めパイロット版の脚本も手がけた。

作品はアクション主体で、そこにテクノロジーもふんだんに取り入れられている。一般にテクノスリラーと呼ばれるジャンルに分類され、テクノロジーとそれを扱う人間の間違いを描き、最終的に生物工学的大災害を生じるストーリーが多い。近未来を舞台にした小説では、医学科学の知識を基盤としている。 身長は206.6cm[3][4]

なお日本でマイケルの作品を多く出版する早川書房は著者名の表音、カナ表記をマイル・クライトンとしており、同社以外の出版物・文献においてもこれにならった表記がなされることがある。


イリノイ州
シカゴにてジョン・マイケル・クライトンとして生まれる[5]。父はジャーナリスト。2人の姉妹と弟が1人いる。ニューヨーク州ロングアイランドで育った[6]。子供のころから文章を書くのが好きで、14歳のときにはニューヨーク・タイムズの旅行関連のコラムに文章が採用されたことがある[2]。そのころから作家を志していた。1960年、ハーバード大学のハーバード・カレッジに入学[2]。そこで、彼の作風を批判して異常に低い点をつける文学の教授に出会い、ある実験を試みることにした。彼はその疑惑を他の教授に伝えた上で、ジョージ・オーウェルの作品を故意に盗用したレポートを問題の教授に提出した。するとその教授は "B-" の評価をつけてレポートを返したという[7]。こうした問題もあって、クライトンは英文学から自然人類学に転向し、そちらで1964年に学士号を取得した[8]。1965年にはケンブリッジ大学人類学の客員講師を務めたこともある。

その後ハーバード・メディカルスクールに入学し、同時に作家活動を開始した。そのころ使ったペンネームがジョン・ラング (John Lange) とジェフリー・ハドソン (Jeffery Hudson) である。"Lange" はドイツ語の姓で "long" を意味する。ジェフリー・ハドソンはヘンリエッタ・マリア王妃に仕えた有名な小人である。どちらもクライトンの背が非常に高いことから発想したペンネームだった。『インナー・トラヴェルズ』の中で、彼が作者と知らずに『アンドロメダ病原体』(この作品はマイケル・クライトン名義で出版)の医学的間違いについてドクターたちが話していたというエピソードを語っている。ハドソン名義で出版した『緊急の場合は』で1969年のMWA賞を受賞。また、弟のダグラスと Dealing という小説を合作し、マイケル・ダグラス (Michael Douglas) 名義で出版した。その本の裏表紙には母親が撮影した幼いころの兄弟の写真を使っていた。

クライトンは1969年に医学博士号を取得してハーバードを卒業し、1969年から1970年までカリフォルニア州ラホヤソーク研究所で研究生として研究を続けた。

ハーバードで彼は「病は気から」が真実であると確信するようになった。『インナー・トラヴェルズ』で「我々は自ら病気になる。どんな病気も全てその本人に直接の責任がある」と書いている[9]。その後、オーラスプーン曲げ透視といった事柄も信じるようになった[9]


作家デビュー作は『華麗なる賭け』で、1966年にジョン・ラング名義で出版された。コスタ・ブラバの隔絶されたホテルでの強盗事件の顛末を描いた215ページのペーパーバックである。強盗計画にクリティカルパス法のコンピュータプログラムを使うが、予測不能の事象が発生する。翌年『殺人グランプリ』を出版(1965年に執筆したものでこちらが処女作)。美男子の弁護士を主人公とする話で、ニースで暗殺者に間違われ危機に陥るというストーリーである。1968年には『ファラオ復活』と『緊急の場合は』を出版。『ファラオ復活』はエジプト学者を主人公とし、ヒエログリフを解読して未知のファラオの墓の場所を知るという話である。一方『緊急の場合は』はボストン病理学者を主人公とする医療スリラーで、友人の産科医が不正な人工妊娠中絶を行い、若い女性を死なせた事件を追う話である。この作品はクライトンのターニングポイントとなった。これ以降、テクノロジーが重要な主題になっていく。本作で1969年のアメリカ探偵作家クラブエドガー賞 長編賞を受賞。

1969年には3作品を出版。まず『生存率ゼロ』はアメリカ人放射線医が休暇でスペインに滞在中、貴重な美術品を捜しているギャング間の殺人的抗争に巻き込まれる話である。次は『アンドロメダ病原体』で、この作品でベストセラー作家として認識されるようになった。致死性の地球外微生物を研究する科学者チームを描いた小説で、この微生物に感染すると血が固まり2分で死にいたる。そのコード名が「アンドロメダ」で、成長するに従って生物学的性質を変化させる。ベストセラーとなり、2年後にはロバート・ワイズ監督で『アンドロメダ…』として映画化された。2008年には『アンドロメダ・ストレイン』としてテレビシリーズ化されている(製作総指揮はリドリー・スコットトニー・スコットフランク・ダラボン)。1969年の3作目は『毒蛇商人』で、医学的研究のために製薬会社や大学で使う蛇の輸入業者が蛇使いとしての特殊な技能を利用して密輸するという話である。蛇にメキシコの貴重な工芸品を飲み込ませるという手口である。また1969年にはJ・マイケル・クライトン名義でカート・ヴォネガットの『スローターハウス5』のレビューも書いている。

1970年にも3作品、『エデンの妙薬』、『ジャマイカの墓場』、Dealing: Or the Berkeley-to-Boston Forty-Brick Lost-Bag Blues を出版。『ジャマイカの墓場』は翌年のMWA賞にノミネートされた[10]

1972年には2作品を出版。『サンディエゴの十二時間』は、中流のビジネスマンがアメリカ合衆国大統領暗殺を企て、致死性神経ガスの原料となる2つの化学物質を軍から盗み出す話である。『ターミナル・マン』は、発作を起こすと凶暴になりそれが収まったときその間の記憶を無くしているてんかん患者を描いた話である。その男の脳に電極を埋め込むというクライトンらしい話である。この作品は1974年に『電子頭脳人間』として映画化もされたが、小説も映画も評価はあまり高くない。


1975年、『大列車強盗』で19世紀を舞台にした歴史小説という新たなジャンルに挑戦した。これもベストセラーになった。1855年にヴィクトリア朝のイギリスで実際に起きた列車強盗事件 (en) を題材にしている。物語の大部分はロンドンで進行する。この小説は1979年にクライトン自身が監督して映画化され、ショーン・コネリードナルド・サザーランドが出演した。この映画はアメリカではアメリカ探偵作家クラブのエドガー賞最優秀映画賞を受賞し、イギリス撮影監督協会の Best Cinematography Award にノミネートされた。

1976年の『北人伝説』は10世紀のムスリムヴァイキングの一団と共に旅をし、ヴァイキングの居住地を訪れる話である。古い文献に科学的論評を加えた形式で語られる物語であり、2つの文献が発想の元になっている。前半3章はアフマド・イブン・ファドラーンの北方への旅行記とルーシ族との出会いに基づいており、後半は『ベオウルフ』に基づいている。クライマックスで敵となるグレンデルの正体をネアンデルタール人の生き残りとしている。この小説は『13ウォーリアーズ』として映画化された。当初ジョン・マクティアナンが監督を務めていたが、クライトンが監督を引き継いだ。

1980年の『失われた黄金都市』はコンゴの熱帯雨林でのダイヤモンドを求める探検を描いた話で、伝説の都市を発見し、凶暴なゴリラの種を発見する。これを原案として1995年に映画『コンゴ』が製作された。7年後に出版された小説『スフィア 球体』は、ある心理学者がアメリカ海軍に招かれアメリカ合衆国連邦政府の結成した科学者チームの一員となり、太平洋の海底で見つかった約300年前の異星人のものと思われる巨大宇宙船を調査する話である。この小説はSFとして始まるが、すぐに心理スリラーに変貌し、最終的には人間の想像力を探究するものになっている。この小説は1998年に『スフィア』として映画化され、バリー・レヴィンソンが監督した。

クライトンの『ジュラシック・パーク』とその続編は映画化され大人気となった。これに関連したテーマパークは世界各地に作られた。写真はポーランドのテーマパークのもの

1990年、クライトンは『ジュラシック・パーク』を出版した。『アンドロメダ病原体』や『北人伝説』でも採用した偽書の体裁で書かれている。さらにコスタリカの西方にある島に作られた恐竜のテーマパークの崩壊した原因をカオス理論やその哲学的含意を使って解説している。コハクに閉じ込められたが吸った恐竜の血からDNAを抽出し、様々な恐竜が再生されたという設定である。

元々は大学院生が恐竜を再生させるという脚本を書いたクライトンだったが、結局恐竜やクローンについての興味を追究して長編小説にすることにした[11]スティーヴン・スピルバーグは1989年10月、クライトンと後にテレビドラマ『ER』となった脚本について議論していてこの小説のことを知った。本の出版前にクライトンは部数に応じた印税の他に150万ドルの原稿料を要求した。ワーナー・ブラザーズティム・バートン監督)、ソニー・ピクチャーズリチャード・ドナー監督)、20世紀フォックスジョー・ダンテ監督)も映画化権争奪戦に加わったが[12]ユニバーサル・ピクチャーズとスピルバーグが50万ドルで映画化権を獲得した[13][14]。小説はかなり長いため、クライトンは映画化されたのはその10%から20%程度だとしている[15]。映画は1993年に公開され、大ヒットした。

コハクに捕らわれた蚊。こういった見本が『ジュラシック・パーク』の発想の原点となった。

1992年の小説『ライジング・サン』は、ロサンゼルスに進出した日本企業で殺人が起きるという話で、ベストセラーになった。『ジュラシック・パーク』とおなじ1993年に映画化された。1994年の小説『ディスクロージャー』ではセクシャルハラスメントをテーマとしているが、年下の女性上司が男性部下に対して行うという点が目新しい。結果としてフェミニストから非難されたが、クライトンはそのような反応があることを予期していて、結末部分に反論めいたことを書いている。この小説はバリー・レヴィンソン監督ですぐに映画化された。

1995年には『ジュラシック・パーク』の続編『ロスト・ワールド』を出版。1997年に再びスピルバーグ監督で映画化された。1996年の小説『エアフレーム』は航空機業界を舞台にしたテクノスリラーである。リアリティを出すため、アメリカン航空191便墜落事故アエロフロート航空593便墜落事故といった実際の航空機の事故を引用している。

1999年の『タイムライン』は過去へのタイムトラベルを扱ったSF小説である。2000年にはアイドス・インタラクティブコンピュータゲーム化し、2003年には映画化された。

2002年の『プレイ -獲物-』は科学テクノロジーの発展に警鐘を鳴らす話で、特にナノテクノロジーを問題にしている。この小説では比較的新しい科学技術の成果である人工生命創発複雑性遺伝的アルゴリズム知的エージェントなどを扱っている。

2004年の小説『恐怖の存在』は、エコテロリズムによる大量虐殺を描いている。テーマは地球温暖化気候変動で、クライトンは付録の中で地球温暖化と科学の政治化について論じている[16]疑似科学と政治が結びついて起きた不幸の実例として、優生学ホロコーストルイセンコ論争を挙げている。この小説は初版で150万部を売り上げ、ベストセラーとなった[17][18][19]

存命中の最後の小説『Next英語版』は遺伝子組み換えを扱った作品で、2006年に出版された。

最後の小説『パイレーツ -掠奪海域-』は、当初2008年12月に出版を予定していたが、2009年11月に延期された。さらに未完の小説が2010年後半に出版される予定だと発表[20]されていたが、リチャード・プレストンが後半を書き足して完成させた『マイクロワールド』は2012年になってようやく発表された。

クライトン初のノンフィクション『五人のカルテ』は1960年代後半のマサチューセッツ総合病院での経験に基づくもので、アメリカの厚生関係のコストや政治の問題を扱っている。

フィクションとは別に、クライトンは医療や科学をテーマとした本をいくつか書いている。1970年の『五人のカルテ』は、1960年代後半マサチューセッツ州ボストンマサチューセッツ総合病院での実体験が元になっている。5人の患者が病院で経験することを通して、当時の医療についての問題点を明らかにしている。

1977年の Jasper Johns は個人的にも友人だったジャスパー・ジョーンズに関する本である。1994年には改訂版が出ている。

1983年の Electronic LifeBASIC言語によるプログラミングを紹介した本である。パーソナルコンピュータ黎明期の入門書の1つであり、用語集的側面もある。また、コンピュータの将来について予言的なことも書いており、ネットワークが重要になり、画像や情報が共有できるようになるとしている。また、コンピュータゲームは廃れるという予測もしている。また、自作のBASICプログラムも多数掲載している。

1988年の『インナー・トラヴェルズ』は自伝的エッセイである。


クライトンの作品は科学技術、とりわけ生命科学に関わるテーマは多くの作品で通底している。さらに最先端のサイエンストピックスも貪欲にリサーチし、咀嚼したうえで問題提起し作品に取り入れる[21]。このためクライトン作品の魅力の一つはしばしば訳者等から「新鮮なテーマ」であると評価されてきた。

緊急の場合は』は医学ミステリ、『アンドロメダ病原体』はバイオ・サスペンス、『ジュラシック・パーク』はパニック・アクション[22]と、この3作品のみでもジャンルやテーマが異なる。


クライトンは映画やテレビの監督や脚本家も務めていた。特に1970年代には映画製作者として成功を収めていた。最初の監督作品『暗殺・サンディエゴの熱い日』(1972) はテレビ映画として放映された。脚本も務めており、自身の小説『サンディエゴの十二時間』をベースにしている。

ウエストワールド』はCGIを使った最初の映画で、続編の Futureworld では初めて3次元CGIが使われた。

コーマ』はロビン・クックの小説を原作とする映画である。クックとクライトンは共に医師の資格を持ち、年齢も近く、作品テーマも似ている。

他にも『大列車強盗』(1979)、ルッカー (1981)、『未来警察』(1985)、証人を消せ/レンタ・コップ2 (1989) といった映画で監督を務めた。

脚本家としてのみ関わった作品は、Extreme Close Up (1973) と『ツイスター』(1996) があり、後者は当時の妻(『俺がハマーだ!』に出演していたアン=マリー・マーティン)との共同脚本である。なお、『ジュラシック・パーク』と『ロスト・ワールド』はクライトンの小説がベースだが、『ジュラシック・パークIII』はクライトンとは無関係である。

クライトンはテレビドラマ『ER』の原作者であり、製作総指揮を務めた。当初スティーヴン・スピルバーグ監督の映画として企画が進行していたが、初期段階でスピルバーグがクライトンの新作について尋ね、「恐竜とDNA」をテーマにした作品だと聞き、スピルバーグはそちらの映画化に興味を持ち、『ER』から降りたという経緯がある。クライトン自身が脚本を書いたのはパイロット版を含む最初の3話だけである。



晩年の作品『恐怖の存在』(上下巻)では、近年の“過剰な環境保護ブーム”を「環境保護利権」等が煽っている「危険な疑似科学」であるとして批判した。するとそれまで“権力や科学文明の暴走に警鐘を鳴らす作家”としてクライトンを評価していた読者、団体、メディアの多くが一斉に、“クライトンは右派に転向した”と非難の声を浴びせたという[23]。例えば気象学者 Jeffrey Masters は『恐怖の存在』について、この本は地球温暖化について間違った説明をしていると書いている[24]

また、クライトンは南極の気温が1986年から2000年にかけて下がっているとしているが、その出典となったのはピーター・ドランネイチャー誌2002年1月号に発表した論文である。ドランは2006年7月27日のニューヨーク・タイムズにて、「マイケル・クライトンは小説『恐怖の存在』で地球温暖化への反証として我々の成果を間違った形で使っている」と述べている[17]アル・ゴアは2007年3月、「地球は温暖化している (has a fever)。もしあなたの赤ん坊に熱があったら医者に行くだろう。……医者が処置が必要だと言っているのに、『そんなことは問題じゃないというSF小説を読んだから、結構です』とは言わないだろう」と述べた。これは一般に『恐怖の存在』を指した発言と見られている[25][26][27]



2006年の小説『NEXT』には "Mick Crowley" という人物が登場し、エール大学卒でワシントンD.C.の新聞で政治コラムニストをしており、幼児性愛者だとされている[28]。"Mick Crowley" の名は1カ所にしか出てこない。

これに対してエール大学卒でワシントンD.C.の政治雑誌 The New Republic の編集者を務める Michael Crowley が実在する。2006年3月、この実在する Crowley は『恐怖の存在』を痛烈に批判する記事を書いたことがある[29]。小説に登場させられたことについて Crowley は、こういう形で仕返しするのは作家が批評家に負けたと認めるようなもので、光栄だと述べた。



背の高さや知性の高さからクライトンは幼少期から疎外感を持っており、1970年代から1980年代にかけて霊能者や新興宗教の教祖などに相談していた。その結果、瞑想の技術を身に付け、生涯それを実践していた。また、長編小説をだいたい6週間から7週間で書き上げた。執筆が佳境にさしかかると徐々に早起きになり、午後10時に寝て午前2時に起きるということもあったという[2]

クライトンは5回結婚し、うち4回は離婚に終わっている。子供は2人もうけたが、1人は彼の死亡時には産まれていなかった。

クライトンはアメリカ現代アートをコレクションしていたが、それらは2010年5月にクリスティーズで競売された[30]

2006年11月、クライトンはワシントンD.C.の National Press Club で会見した。彼は作品の著作権についての訴訟をいくつか抱えていた[31]。まず1985年、『コーマ』の原作者は自分だという Ted Berkic に訴えられたが、法廷では両者の作品が似ていないというクライトンの主張が認められた[32]。1996年には『ジュラシック・パーク』が自身の1980年代の恐竜を扱った児童向け小説の権利を侵害したとして Geoffrey Williams に訴えられたが、クライトンが勝っている[33]。1998年には『ツイスター』は自身の作品 "Catch the Wind" に基づいていると主張する Stephen Kessler に訴えられたが、陪審員は45分かけてクライトンの勝利を評決した[34]

クライトンは私生活を全く公表しない人で、喉頭癌についても亡くなるまで全く公表されなかった。クライトンの弟ダグラスによると、2008年初めにリンパ腫が見つかったという。亡くなる直前まで化学療法を受けていたが、2008年11月4日にロサンゼルスで急死した[35][36][37][38]。66歳であった。

10月22日生まれの有名人「イチロー」



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト

イチロー(本名:鈴木 一朗〈すずき いちろう〉、1973年10月22日 - )は、ニューヨーク・ヤンキースに所属する愛知県西春日井郡豊山町出身のプロ野球選手外野手)。他表現では「Ichiro」「Ichiro Suzuki」「イチロー・スズキ」など。

NPBMLBの双方で活躍。MLBのシーズン最多安打記録や10年連続200安打などの多数の記録を保持している。

夫人は元TBSアナウンサー福島弓子。代理人はトニー・アタナシオ

日本での愛称は「イチ」「天才バッター」。アメリカ合衆国での愛称は「魔法使い(Wizard)」「安打製造機(Hit Machine/Hitting Machine)」など[2][3][4][5]


経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校時代は地元の少年野球チーム・豊山町スポーツ少年団に所属。エースで4番として活躍。6年生の時に全国大会に出場。小学3年生の頃から学校から帰ると、父親と近くの公園で野球の練習に明け暮れた。学年が上がるにつれて、それだけでは満足できなくなり、町内にある空港バッティングセンターにほぼ通い詰めていた。バッティングセンターに通いつめるあまり、普通の球速では満足できなくなり、イチロー用のスプリングを作って、行く前に電話したという[要出典]。同センターにはイチロー専用8番打席が現在もある。なお、同時期に稲葉篤紀も同じバッティングセンターに通っていた。稲葉は「隣で同い年くらいの奴がめっちゃ速いボールを簡単に遠くまで飛ばしていた」と話している。

豊山中学校では小学生時代の仲間と共に学校の野球部に所属。エースで中軸(主に3番)を打ち、中学3年の時に全日本少年軟式野球大会に出場し3位入賞を果たす。学校での成績も優秀で、学年では常にトップ10に入っていたという。地元・愛知の多くの高校から誘いが来たが、愛工大名電に進学する。

愛工大名電高校時代から地元では有名な選手で、愛知を代表する名門野球部において1年時からいきなりレギュラーを獲得(ポジションは三塁手で打順は主に1 - 3番) 。2年時に夏の甲子園(左翼手として出場)、3年時に春の甲子園(投手として出場)と2度甲子園に出場したものの、いずれも初戦敗退に終わっている。高校時代の監督は中村豪松井秀喜とはこの頃から練習試合を通じて面識があった。高校3年生の地方大会での打率が7割以上を記録していた程の打者だった。3年間の高校通算成績は536打数269安打打率.501 本塁打19本 二塁打74本 三塁打28本 盗塁131である。高校時代は投手だったが、交通事故(自転車での通学中に車と接触している)による怪我が原因で投手から野手転向を余儀なくされる。投手としても有力な選手として当時から名前が挙がっていた。

1991年ドラフト4位でオリックス・ブルーウェーブに入団。

10月21日生まれの有名人「渡辺謙」



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト

渡辺 謙(わたなべ けん、1959年昭和34年)10月21日 - )は、日本俳優。本名同じ。「謙」は越後戦国武将上杉謙信に因む。新潟県北魚沼郡広神村魚沼市小出町)出身。演劇集団 円を経て2002年平成14年)からケイダッシュ所属。

日本国内・日本国外双方において映画を中心にテレビドラマ舞台テレビコマーシャルと幅広く活躍する俳優の一人。身長184cm体重80kgてんびん座[1][2]。父の渡辺亮一は画家として活動している。


新潟県北魚沼郡広神村にて共に教師をしていた両親の元に生まれる。両親の転勤で幼少期を入広瀬村守門村(ともに魚沼市)、高田市上越市)で過ごす。新潟県立小出高等学校在学時には吹奏楽部に所属し、幼少の頃から親しんできたトランペットを担当。高校卒業後の1978年、東京の武蔵野音楽大学進学を目指す。しかし正規の音楽教育は受けておらず、また渡辺が中学生の時、父・亮一が病に倒れ仕事が出来なくなったこともあり、学費捻出の困難などの問題から断念。

同年、芥川比呂志演出による演劇集団 円公演『夜叉ヶ池』を観劇して感銘を受け、翌年に同劇団附属の研究所に入所。アルバイト先で知り合った猪俣公章の紹介で唐十郎作、蜷川幸雄演出『下谷万年町物語』のオーディションを受け、研究生ながら主演の青年役に抜擢された。

1982年(昭和57年)、演劇集団 円の劇団員に昇格し、『未知なる反乱』でテレビデビューを果たすと1984年には『瀬戸内少年野球団』で映画デビュー。その後も『タンポポ』、『海と毒薬』などの映画に相次いで準主役級で出演。1986年(昭和61年)のNHK朝の連続テレビ小説はね駒』にも出演した。


1987年
(昭和62年)のNHK大河ドラマ独眼竜政宗』で主役(伊達政宗役)を演じ、39.7%という大河ドラマ史上最高の平均視聴率を獲得。一躍全国的な人気を獲得、スターダムにのし上がる。また、その頃から歌手としても1992年(平成4年)頃まで活動していた。

以降、舞台・テレビドラマなどで次々と大役を演じ、前途洋々に見えた1989年(平成元年)、映画初主演となるはずであった『天と地と』の撮影中に急性骨髄性白血病を発症し降板。再起はおろか生命も危ぶまれたが、約1年の闘病の後、治療を続けながらも俳優業に復帰。定期的に入院治療を続けながら、仕掛人・藤枝梅安を中心に活動するが、大きな仕事はできなかった。経過は良好に見え、一応治療が終了した1993年(平成5年)、NHK大河ドラマ『炎立つ』に再び主演、完全復活をアピール。しかし、発病から5年経過した1994年(平成6年)に再発。再治療を行い、経過は良好となって、翌年無事復帰を果たす。

病気再発を経て再復帰した時期と前後して、初の本格的娯楽時代劇シリーズドラマ『御家人斬九郎』、2時間ドラマでは『わが町』『鍵師』などが当たり役となりシリーズ化されたが、渡辺はあまりにも強烈な「政宗」のイメージと、俳優としての評価以前にまず病気のことを持ち出されることなどに悩んでいたという。30代の終わりを機にこれらの人気シリーズを全て終了させるとともに、従来彼のイメージにはなかった悪役・ダメ男役・格好悪い役柄などを積極的に演じるようになる。2000年(平成12年)には、『池袋ウエストゲートパーク』に出演。2001年(平成13年)、久々に演劇集団 円の公演『永遠 Part2』で舞台に立つが、これが結局「円」での最後の舞台となった。2002年(平成14年)元日をもって演劇集団 円を退団、所属をケイダッシュに移す。

日本国外映画初出演となったアメリカ映画ラストサムライ』(2003年公開)で、渡辺は同年度の第76回アカデミー賞助演男優賞ならびに第61回ゴールデングローブ賞 助演男優賞第30回サターン賞 助演男優賞にノミネートされる等高い評価を得る[3]。これを機にロサンゼルスに居を構え、『バットマン ビギンズ』や『SAYURI』など日本国外映画に立て続けに出演。当初通訳を要していた英会話に関しても猛勉強の末、殆どの会話を自らこなしている(現地での生活ぶりや英語学習の様子は「AERA English」に掲載中)。2005年には米国のTIME誌の表紙にグラビアが掲載されたりピープル誌が企画する「最もセクシーな外国人男性」に選出されたりするなど、米国における知名度が最も高い日本人俳優の一人である。

日本映画では2006年(平成18年)に、荻原浩小説明日の記憶』映画化作品で映画初主演を果たす[4]。同作品の映画化に当たっては各映画会社の駆け引きがあり、渡辺を含む複数の日本を代表する大物俳優達が候補に挙がったが、自らも闘病経験があり原作に人一倍の共感を持てた渡辺が、荻原に映画化を熱望する旨の手紙を直接送付したことで(荻原は最初誰かの悪戯だと思ったが、紛れもなく渡辺本人からのものだと知り仰天したという)、渡辺の主演で映画化された。白血病の発症以降、患者役や医療関係者役、難病を扱った作品は避けてきたが、この作品で若年性のアルツハイマー病に冒されていくという主人公を演じている。また、映画公開と同じ時期に発表した自らの著書『誰? - WHO AM I?』で、かつて白血病の治療中頻繁に受けた輸血(主に血小板輸血)が原因でC型肝炎ウィルスに感染し、『明日の記憶』の撮影はその治療の副作用に悩まされながら敢行していたことを告白。現在は急性骨髄性白血病・C型肝炎ウィルス感染ともに問題のない良好な状態を保っているという。更にこの作品で初めてエグゼクティブ・プロデューサーを兼任[5]。映画の普及とアルツハイマー病への理解を促進するため全国各地を奔走した(ただし、渡辺本人は「自分はプロデューサーというよりも『イントロデューサー(紹介者)』である」と述べている)。

2006年には、クリント・イーストウッド監督の映画『硫黄島からの手紙』に、栗林忠道役で日本国外映画初主演。他の主要日本人キャストはオーディションの末選出されたが、渡辺だけは監督から直接出演要請があった。外国語映画賞を受賞したゴールデングローブ賞の授賞式において、壇上のクリント・イーストウッド監督は「偉大なるケン・ワタナベに敬意を表したい」と渡辺に言葉を贈った。

2007年2月25日日本時間26日)、第79回アカデミー賞授賞式に出席し、カトリーヌ・ドヌーヴと2人で非英語圏の俳優代表として舞台に立ち、賞が設定されて50周年を迎えた外国語映画賞の歴史を紹介した。

2008年2月に撮影開始された映画『ダレン・シャン』にも、サーカスのオーナー、Mr.トールで出演。また、『バットマン ビギンズ』で仕事をしたクリストファー・ノーラン 監督の新作サスペンス『インセプション』で再び起用されている。

2009年平成21年)10月山崎豊子原作の映画『沈まぬ太陽』に恩地元役で主演し、第33回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、第34回報知映画賞主演男優賞を受賞。映画公開初日の舞台挨拶にて作品・撮影の厳しさを語り男泣きした。

2014年には、新たに製作されるハリウッド版『ゴジラ』へのメインキャストの一人として出演が決定している。この作品の中で「ガッジーラ」という英語の発音を拒否し、「ゴジラ」と日本語の発音にこだわったとインタビューに答えている[6][7][8][9]

釜山国際映画祭では日本人として初めて開幕式の司会をした[10]

10月20日生まれの有名人「茂木健一郎」



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト 茂木 健一郎(もぎ けんいちろう、 1962年(昭和37年)10月20日 - )は、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所上級研究員学位博士(理学)東京大学1992年(平成4年))。身長171cm[1]血液型O型。既婚。



東京都
中野区に生まれ、生後まもなく転居した埼玉県春日部市で中学時代まで育つ。 東京学芸大学附属高等学校東京大学理学部卒業。博士論文は『Mathematical Model of Muscle Contraction(筋収縮の数理的モデル)』(東京大学より学位取得)。

クオリア」(感覚の持つ質感)をキーワードとしての関係(心脳問題)についての研究を行っている。また、脳と神経に関する一般読者向けの解説書を多く執筆し、テレビ番組雑誌週刊誌などマスメディアで積極的に活動している。テレビ番組の出演などで一般に名が広く知られる一方、後述するように、「脳科学者」としてのマスメディアでの活動内容には著名人からの批判意見もある。

日本国外では、自身を“Ken”という英語名で名乗っている[2]。個性的な髪型で知られるが、髪は自分で切っている[3]

かすかべ親善大使[4]

幼少期からが好きで、小学生の頃から日本鱗翅学会にも入っている[5]AKBの推しメンは指原莉乃 (HKT48) と公言している[6]

2014年9月5日NHK連続テレビ小説花子とアン』に出版社・小鳩書房社長の門倉幸之助役でドラマ初出演することを明らかにした[7]

博士論文は、「グラフ変換法」によって、反応ネットワークの性質を解析したもの。その後、グラフ変換法は非対称結合神経回路網の解析に応用される。クオリアも含んだすべての現象を扱いうる「拡張された物理学」を志向している。著書『クオリア入門』は「心も自然法則の一部である」という表題から始められており、「意識のほんとうの科学を目指す」という自身の方向性を示している。

また茂木は「脳内でのニューロンの時空間的な発火パターンに対応してクオリアが生起している」という作業仮説を採り、そこからクオリアが持つ(であろう)何らかの数学的構造を見つけることができるのではないか、として研究を行っている。神経科学における事実上の「セントラル・ドグマ」である「反応選択性」の概念では心脳問題を解決するには不十分だと主張し、「認識におけるマッハの原理」や「相互作用同時性」といった概念を提案している。両眼視野闘争、マガーク効果、神経細胞の自発的活動についてのモデル、身体イメージ、不確実性の存在下での選択などに関する論文を発表している。

茂木はテレビ番組や雑誌で、ひらめきや気づきの瞬間に「あっ!」と感じる体験を「アハ体験」として紹介している[8]。アハ体験は、脳を活性化するという。

「アハ」 (aha) は英語の間投詞で、「ああ、なるほど」といった意味に相当する(なお、a-ha experience という英語表現は、ドイツ心理学者ビューラー (Karl Bühler) が Eureka(「見つけた」)と言うときのような現象をさして Aha-Erlebnis と呼んだものの英訳である。茂木の独創ではない)。人はアハ体験の瞬間に、わずか0.1秒の間に脳内の神経細胞が一斉に活性化するという。「誤解を恐れずに言えば」という前提ではあるが、アハ体験とは、分かった瞬間に頭がよくなる体験であるともしている。

アハ体験をするためのPlayStation Portable向けゲームソフト『ソニーコンピュータサイエンス研究所 茂木健一郎博士監修 脳に快感 アハ体験』(茂木が監修)が2006年6月22日にセガから発売され、同年11月30日には続編の『ソニーコンピュータサイエンス研究所 茂木健一郎博士監修 脳に快感 みんなでアハ体験!』も発売された

茂木は、著書『プロフェッショナルたちの脳活用法 (生活人新書)』において、NHK のテレビ番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』などにおける多くのプロフェッショナルとの対話から、彼らの成功の一因として「セキュア・ベース」を紹介している。日本語に訳せば「安全基地」となり、悩んだり迷ったりしたときに避難できる場所という意味であり、これが人間のやる気と深く関わっているという。

2007年(平成19年)、横浜美術館で行われた森村泰昌の個展「美の教室、静聴せよ Bi-Class Be Quiet」展に連動した同館での講演[9]のなかで「自分たちの姿形に自信を持てないできたんですよ。日本人は。僕はねウルトラマンとか仮面ライダーとかいう、要するにヒーローもので、なんでああいう仮面のヒーローが発明されたのかと言うと、日本人が自分たちをヒーローだと思えなかったからだと思っています。」と語っている。

また、同講演の中では「日本にいると見えるのは地上波世界で、それが文化だと思っているところがある。(中略)九州行くとおっさんたちとかが会話しているのは、日本の地上波テレビの中にある世界なんだよね。日本にいると、見える世界ってなんか地上波の世界で、それが文化だって思ってしまっている。でも、全然違う文化の基準っていうのがあって、それはむしろ地上波テレビとは相性が悪い。だから『たけしの誰でもピカソ』みたいな番組になっちゃうんだよ。あるいは『日曜美術館』みたいな番組になっちゃうわけだよ」と述べた。


尾崎豊
をたいへん高く評価しており、特に歌詞に関しては「文学賞をとってもおかしくない」とコメント[11]NHK で放送されたプレミアム10「尾崎豊がいた夏」ではゲスト出演している。

2011年(平成23年)3月、入試問題を試験時間内にインターネット質問掲示板(Yahoo!知恵袋)に投稿した河合塾仙台校の生徒が、偽計業務妨害容疑として逮捕された件について、警察に被害届を出し刑事告発をした京都大学を、大学の自治と学問の自由の点から疑問であると評し、さらに教育者の立場からの配慮が欠けるものであるとして、Twitter とブログで痛烈な批判を行った[12][13][14]。この件についての茂木による批判の矛先は、事件をマスコミが報道したということにも向けられており、特に朝日新聞に対しては、「クズ朝日[15]」という表現を使うなど怒りを隠していない。

10月17日生まれの有名人「大島優子」



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト 大島 優子(おおしま ゆうこ、1988年10月17日 - )は、日本女優。愛称はゆうこ栃木県下都賀郡壬生町[1]出身。太田プロダクション所属。女性アイドルグループAKB48の元メンバー。スリーサイズは82-55-81[2]


少女時代
子役・ジュニアアイドル時代
1996年から母親の薦めでセントラル子供劇団に所属し、子役として芸能活動を開始する。
2000年ごろからジュニアアイドルとして活動し、2005年にはTHE ALFEE高見沢俊彦がサウンド・プロデュースした総勢25人のジュニアアイドルユニット、「Doll's Vox[注 2]に所属していた。それゆえに子役時代も含めると芸歴は10年以上あり、AKB48メンバーの中では最長である。
2006年
2月26日に『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に合格。オーディション直前まで、セントラルグループでアイドルとして活動を続けていたが、2006年4月よりoffice48に移籍した[要出典]
4月1日、AKB48劇場でのチームK初日公演において公演デビューを果たした。
2007年
1月、アニメOVAシリーズ『ICE〈劇場版〉』で初めて声優を務める[4]
7月、前田敦子小野恵令奈とともに太田プロダクションに移籍。
12月、AKB48として『第58回NHK紅白歌合戦』に初出場。
2008年
6月30日、『弁護士 一之瀬凛子シリーズ』(TBS) に出演。
2009年
3月21日公開の映画『テケテケ』で映画初主演を務める。
4月11日、『AKB48 チームK 5th Stage「逆上がり」』公演の初日に喉の手術をすることを発表し[5]、同月13日に手術を終え、同月20日に退院[6]、同月25日・26日にNHKホールで開催されたコンサート『「神公演予定」* 諸般の事情により、神公演にならない場合もありますので、ご了承ください。』に、MCのみではあるが手術後初めて公の場に姿を見せた。
6月から7月にかけて実施された『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』では2位で、メディア選抜入りを果たした。
9月15日、アメーバブログにて「大島優子オフィシャルブログ『ゆうらり ゆうこ』」をスタート。
2010年
1月 - 3月、『マジすか学園』(テレビ東京)に同名役で出演。
5月から6月にかけて実施された『AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』では1位で、メディア選抜入りを果たした。速報、中間発表の時点では2位であったが、最後に逆転した。マニフェストを決めるに当たり、「1位なら丸坊主」も考えたが、所属事務所からNGが出たため、幻となった[7]。そのため、「劇場のトイレ掃除」というマニフェストを掲げて選挙に臨む。
10月 - 12月、連続ドラマ『霊能力者 小田霧響子の嘘』(テレビ朝日)にレギュラー出演。
11月10日、DVD『君は、僕のもの』をリリース。
2011年
1月21日に開催された『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2011』2日目公演のアンコールにおいて、北原里英指原莉乃横山由依とともに新ユニット「Not yet」を結成することが発表され、デビューシングル曲「週末Not yet」を披露した[8]
2月24日より、AKB48オフィシャルショップ香港において「大島優子フェスティバル」開催。
2011年の「NHK春の新番組」の魅力を伝える「チームぴちぴちNHK」を、他の8人のAKB48メンバーとともに結成[9]。3月中旬から4月中旬までの限定活動。ミニ番組や、ポスターなどに登場する。
5月から6月にかけて実施された『AKB48 22ndシングル選抜総選挙「今年もガチです」』では2位で、メディア選抜入りを果たした[10]。速報の時点では1位であったが、最後に逆転された。
9月30日、期間限定で開設されたマダム・タッソ-東京港区台場デックス東京ビーチ)にて大島の等身大の蝋人形が製造、展示された。2011年10月時点で、展示されている日本人の人形は大島と坂本龍一葉加瀬太郎の3人のみ[11]
10月 - 12月、月9ドラマ私が恋愛できない理由』(フジテレビ)にレギュラー出演[注 3][注 4]
12月8日、ニホンモニターによる「2011年タレントCM起用社数ランキング」で、女性タレント最多となる19社のCM[注 5]に起用されたと発表された[12]
2012年
4月12日放映開始のドラマ『カエルの王女さま』(フジテレビ)にレギュラー出演[13]
5月から6月にかけて実施された『AKB48 27thシングル選抜総選挙』では、2年ぶりの1位で選抜入りを果たした[14]
8月24日、『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、チームKキャプテンに就任することが発表される[15][16]
9月18日、『AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会』において披露された10月31日リリースの28thシングル「UZA」で、松井珠理奈とともにWセンターを務めることが発表された。
11月1日、チームKキャプテンに就任。
2013年
5月から6月にかけて実施された『AKB48 32ndシングル選抜総選挙』では2位となり、選抜メンバーに選出された[17]
10月 - 12月、『安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜』(TBS)にレギュラー出演[注 6]
12月31日、『第64回NHK紅白歌合戦』においてAKB48を卒業することを発表した[18][19]
2014年
3月30日に国立競技場で開催される予定であった『AKB48単独&グループ 春コン in 国立競技場〜思い出は全部ここに捨てていけ!〜』のAKB48グループの公演において、卒業セレモニーが予定されていたが、荒天のため公演自体が中止となった[20]。代替コンサートは6月8日に味の素スタジアムで開催が決定し[21]、当日は70,000人の観衆を集めて約4時間のライブが開催された[22]
6月9日、AKB48劇場で開催された『大島優子卒業公演』をもってAKB48を卒業した[23]
10月15日、オフィシャルブログを終了。

10月16日生まれの有名人「伊藤博文」



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト

伊藤 博文(いとう ひろぶみ、天保12年9月2日(1841年10月16日) - 明治42年(1909年)10月26日)は、日本の武士(長州藩士)、政治家。位階勲等爵位は従一位大勲位公爵。諱は博文(ひろぶみ、「ハクブン」と有職読みすることもある)。幼名は利助(りすけ)、のち吉田松陰から俊英の俊を与えられ、俊輔(しゅんすけ)とし、さらに春輔(しゅんすけ)と改名した。号は「春畝(しゅんぽ)」、「滄浪閣主人(そうろうかくしゅじん)」など。「春畝公」と表記されることも多い。

周防国出身。長州藩の私塾である松下村塾に学び、幕末期の尊王攘夷・倒幕運動に参加。維新後は薩長の藩閥政権内で力を伸ばし、岩倉使節団の副使、参議兼工部卿、初代兵庫県知事(官選)を務め、大日本帝国憲法の起草の中心となる。初代・第5代・第7代・第10代の内閣総理大臣および初代枢密院議長、初代貴族院議長、初代韓国統監を歴任した。内政では、立憲政友会を結成し初代総裁となったこと、外交では日清戦争に対処したことが特記できる。元老。

アジア最初の立憲体制[注釈 1]の生みの親であり、またその立憲体制の上で政治家として活躍した最初の議会政治家として、高い評価を得ている[1]。1909年、ハルビンで朝鮮民族主義活動家の安重根に暗殺された。


明治天皇との関係
4度も内閣総理大臣を務めた国家の重鎮・伊藤と明治天皇の関係は常に良好であったわけではない。明治10年代(1877年 - 1886年)、天皇は元田永孚・佐々木高行ら保守的な宮中側近らを信任したため、近代化を進める伊藤ら太政官首脳との関係は円滑でないこともあった(後年、伊藤が初代の内閣総理大臣と宮内大臣を兼ねた背景には宮中保守派を抑えるとともに、天皇に立憲君主制に対する理解を深めて貰う面があり、機務六条を天皇に提示して認めてもらっている)。また、伊藤が立憲政友会を結成する際には政党嫌いの天皇の不興を買い、その説得に苦慮したという。
しかし、明治天皇は伊藤を信頼していた。明治天皇の好みの性格は、お世辞を言わない無骨な正直者で、金銭にきれいなことだった。伊藤はこれに当てはまり、伊藤に私財のないこと[注釈 5]を知った明治天皇は、明治31年(1898年)に10万円のお手許金を伊藤に与えている。ただし、後述にもある伊藤の芸者好きに対してはほどほどにするようにと苦言を呈したこともあった。日露戦争開戦直前の御前会議当日の早朝、伊藤に即刻参内せよという勅旨が下り、伊藤が参内すると明治天皇は夜着のまま伊藤を引見し、「前もって伊藤の考えを聞いておきたい」と述べた。これに対し伊藤は「万一わが国に利あらずば、畏れながら陛下におかせられても重大なお覚悟が必要かと存じます」と奏上した。また、伊藤は天皇から「東京を離れてはならぬ」とまで命じられていた[24]。
女子教育
明治19年(1886年)、当時あまり顧みられていなかった、女子教育の必要性を痛感した伊藤は、自らが創立委員長となり「女子教育奨励会創立委員会」を創設した(翌年には「女子教育奨励会」となる)。委員には、伊藤の他に実業家の渋沢栄一、岩崎弥之助や、東京帝国大学教授のジェムス・ディクソンらが加わり、東京女学館を創設するなど女子教育の普及に積極的に取り組んだ。また、伊藤は日本女子大学の創設者、成瀬仁蔵から女子大学設立計画への協力を求められ、これに協力した。
女子教育者であった津田梅子とは岩倉使節団で渡米のとき同じ船に乗ってからの交流があった。日本に帰ってから津田は伊藤への英語指導や通訳のため雇われて伊藤家に滞在し、伊藤の娘の家庭教師となり、また「桃夭女塾」へ英語教師として通っている。津田は明治18年(1885年)に伊藤に推薦され、学習院女学部から独立して設立された華族女学校で英語教師として教えることとなった。また、津田とは気が合ったのか、帰宅してから家庭教師の津田と国の将来について語り合っていた。伊藤からみれば津田は同じ日本人の婦人というよりは、顧問のつもりであったという[25]。
芸者好き
女好きは当時から非常に有名であり、女性とよく遊ぶことから「箒」(女が掃いて捨てる程いたため)というあだ名がついた。また、宮武外骨の発行した一連の新聞では、好色漢の代表格としてパロディの手法を使い伊藤を度々取り上げた(それに次ぐのが、同じ艶福家として知られていた松方正義である)。地方に行った際には一流の芸者ではなく、二流・三流の芸者をよく指名していたという。これは、伊藤の論理によると「その土地々々の一流の芸者は、地元の有力者が後ろ盾にいる。そういう人間と揉め事を起こさないようにするには、一流ではない芸者を指名する必要がある」とのこと。40度の高熱に浮かされている時でも両側に芸者ふたりをはべらせたという。もっとも、同じ女好きの松方とは違って伊藤にはそれほど多くの子供はできなかった。衆議院議員松本剛明は子孫の一人。
民族衣装

韓国の民族衣装を着て記念撮影におさまる伊藤(韓国統監時代、前列左から二番目が梅子夫人)
伊藤と妻の梅子が韓国の民族衣装を着ている写真がある[26]。韓国統監として朝鮮人の衣装を身に纏った。伊藤はまた韓国皇太子・李垠を日本に招き、日本語教育を行っている。
操り人形発言
お雇い外国人であったドイツ人医師のエルヴィン・フォン・ベルツは『ベルツの日記』の中で、伊藤が会議の席上、半ば有栖川宮威仁親王の方を向き、「皇太子に生まれるのは、全く不運なことだ。生まれるが早いか、到るところで礼式の鎖にしばられ、大きくなれば、側近者の吹く笛に踊らされねばならない」と言いながら、操り人形を糸で踊らせるような身振りをして見せたことを紹介している。
通称の変遷
当初は自身の曽祖父「利八郎」と「助左衛門」から「利」と「助」をとり「利助(りすけ)」と名づけられたが「としすけ」とも読み、「としすけ」の音から「俊輔」とも書かれるようになり、そうなると今度は「しゅんすけ」と読まれることになり、その音から「春輔」とも表記され、こんどはそれが「しゅんぽ」と音読されたので、最終的に「春畝」を号にしたものである。
ふぐ料理とのかかわり
古来から毒魚とされ、明治維新後も食用を禁止されていたふぐ料理を明治21年(1888年)、周囲の反対を押し切って下関にて食した際に大変気に入り、当時の山口県知事に解禁するよう語って食用・商用のきっかけをつくったと伝えられている。

10月15日生まれの有名人「リチャードカーペンター」



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト

リチャード・カーペンター(Richard Carpenter、1946年10月15日 - )は、アメリカ合衆国の作曲家・編曲家・ピアニスト。妹のカレン・カーペンターとカーペンターズを結成していたことで知られる。

現在は、ロサンゼルス郊外に在住、妻と5人の子どもと暮らしながら、音楽活動を続けている。

生い立ち
カーペンターズ編集

1969年10月9日にアルバム『オファリング』(原題:Offering)(後に『涙の乗車券』(同:Ticket to Ride)に改題)を発表した。このときの売り上げは散々なものだったが、シングル『遥かなる影』(同:Close to you)を発表すると、瞬く間にスターダムにのし上がり、不動の基礎を築いた。

初期のカーペンターズではリチャードもリードヴォーカルを担当することもあったが、やがてカレンの歌声に対する世間の評価を知ると、演奏に関してはバックコーラスと鍵盤楽器へと活動の中心を移してゆくことになる。作曲・編曲・製作をリチャードが担い、ロン・ゴローが楽譜にし、その曲をカレンのリードヴォーカルで演奏する形態へと移っていった。

リチャードは、ファースト・アルバムの『オファーリング』(後に『涙の乗車券』に改題)とセカンド・アルバムの『遥かなる影』、カレンの死後発表したアルバム(CD)『タイム』(同:Time)などでリードボーカルを担当する曲が数曲ある。

また、リチャードのアレンジ能力は高く、カーペンターズの日本語訳詞を行った小倉ゆう子はCDのライナーノーツで「(カバーした曲を)カーペンターズ風に料理するのが上手い」と評している。グラミー賞の最優秀アレンジメント賞には計6度ノミネートされている。

ウィリッツアピアノとして有名なウィリッツア社のエレクトリックピアノ「Wurlitzer 200A」の代表的なユーザーでレコーディングで多用したり、テレビ出演時に弾いている姿が見受けられる。なお、同機は「ローズ・ピアノ (Rhodes Piano)」と並ぶエレクトリックピアノの名機で、ヴィンテージキーボード市場では現在も高額な値が付けられている。

10月14日生まれの有名人「ロジャームーア」



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト


サー・ロジャー・ジョージ・ムーア(Sir Roger George Moore KBE, 1927年10月14日 - )は、イギリス出身の俳優。1973年から1985年の間に、7つの『007』作品でジェームズ・ボンドを演じた。身長は185cm。


ロンドンのストックウェルで警官の息子として生まれたムーアは、バッキンガムシャー、アマーシャムのドクター・シャロナーズ・グラマースクールに入学した。1940年代に映画にエキストラ出演した後に軍隊に入隊し、第二次世界大戦中はイギリス軍の娯楽部隊に所属した。

除隊後に再び大部屋俳優になり、モデルやテレビのステージ・マネージャーなどの職業も経験した。1950年代に入ってアメリカに渡り、テレビドラマに出演する下積み生活が続いた。1954年、MGM映画『雨の朝巴里に死す』に出演、同年MGMの契約俳優となる。

1962年、テレビシリーズ『セイント 天国野郎』に主演してスターの地位を得る。1971年からの『ダンディ2 華麗な冒険』などのテレビシリーズでも活躍した。

1973年に『007 死ぬのは奴らだ』で3代目ジェームズ・ボンド役に抜擢され、低迷していたシリーズの人気を立て直し、国際的スターの座にのぼる。持ち前の上品で軽妙洒脱なユーモアが愛され、1985年の『007 美しき獲物たち』までシリーズ7作品に主演(現在6人のボンド俳優の中で最多の出演本数[1])した。

歴代最初の黒髪ではない(栗毛色)ボンドである(ボンドデビュー作「死ぬのは奴らだ」のフォトセッションの時だけ黒く染めている)。

歴代最初のクイーンズイングリッシュを喋るボンドでもある(コネリーはスコットランド訛り、レーゼンビーはオーストラリア訛り)。

ボンド役については、原作者イアン・フレミングがムーアを推薦しており、ムーアが「セイント」で活躍していた頃、ショーン・コネリー降板後の2代目ボンド俳優の候補となったが、テレビの仕事の関係でスケジュール調整がつかず、その時点ではジョージ・レーゼンビーが2代目ボンドに抜擢された。レーゼンビーの降板後、再びムーアにボンド役の誘いがあり、ムーア・ボンドの誕生となった(5代目ボンドとして活躍したピアース・ブロスナンのボンド役決定までにも似たような経緯がある)。ムーア自身はフレミングとは面識がなく、彼の推薦という話は配役を正当化させるためのイオン・プロのプロパガンダではないかと推察している。

しかし、生前のフレミングのお墨付きがあるにもかかわらず、強烈な印象を残したコネリーと正反対の路線を目指したため、しばしば、原作のイメージを逸脱し、「ムーアのボンド」を追求し、一時代を築く。このため、後任のボンド俳優は「コネリーには及ばないがムーアよりもいい」、「コネリーとムーアの長所を掛け合せた」等、良くも悪くも引き合いに出されるボンド俳優の二大巨頭の一人である。ブロスナンも「(前任者4人の内)コネリーとムーアは意識しないわけにはいかなかった」と語るほどである。

ボンドを演じる際、コネリーの真似をしないよう気をつけていたが、特徴的なコネリーの声真似は得意である。

歴代ボンドで唯一アストン・マーチンに乗っていない(「キャノンボール」ではアストンマーチン・DB5に乗っている)。

歴代ボンド全員と交流がある(デヴィッド・ニーヴン、ピーター・セラーズも含む)。特にショーン・コネリーとは同じ英国出身の渡米組ということもあり、無名時代からの友人で、お互い、有名キャラクターを演じるために1962年に帰国したことなどもあり、親交が深い。

コネリーに次いで"サー"の称号が与えられたボンド俳優である。

英国文学界が生んだ世界的二大キャラクター「シャーロック・ホームズ」と「ジェームズ・ボンド」を演じた唯一の俳優である。

その他にも「サイモン・テンプラー(といえば今でもムーアというイメージが欧米にはある)」「クルーゾー警部(奇しくもこちらも初代からバトンを受けた3代目)」等の人気キャラクターも演じている。

「007」シリーズ以外にも数々のアクション映画に主演したムーアだが、意外にも自他共に認める運動音痴だという(唯一得意だった競技は水泳)。彼が演じた007はシリーズ中でもかなり豪華なアクションを取り入れたものであったが、スタントマンによる吹替えを多用したとの説もある[2]。また、最後のボンド作品となった『007 美しき獲物たち』ではムーアはすでに50代後半。ほとんどのアクションシーンではスタントマンを使ったのだという。同作ではかなり顔の皺が目立っている。ムーアが『美しき獲物たち』を最後にボンド役を降りた理由は、冗談めかしに「これ以上やったら殺される」ということであった。しかし、多くのスタントマンたちはムーアは世間が思っているほどスタントに消極的ではなく、むしろ、ティモシー・ダルトンの方がスタントマンに任せきりだったと語り、ムーア自身はスタントマンに頼ってばかりいることを揶揄した記者の質問に対して、冗談めかしてラブシーンは全部スタントマンが演じていると嘯いた。実際、ラブシーンはスタントマンに任せたいほど苦手だった。

初代ボンドショーン・コネリーより3歳年上である(ショーン・コネリーの生年月日は1930年8月25日)。

日本では7代目トヨタ・コロナ(T140系、最後のFRコロナ)のCMキャラクターを務めたことでも知られている。ムーアはCMや広告に登場したばかりではなく7代目コロナのカタログにも登場している。また、複数回来日している。

俳優として活躍する一方、ユニセフ親善大使(オードリー・ヘップバーンに勧められたという)[3]などボランティア活動にも精力的で、2003年にはナイトの称号を与えられた。同年にはブロードウェイの舞台で倒れ、病院に搬送される騒ぎもあった[4]。


2007年にはハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに星を獲得した[5][6][7]。式典には007の宿敵ジョーズを演じたリチャード・キールや、『007 死ぬのは奴らだ』で共演したデヴィッド・ヘディスン、女優ステファニー・パワーズらが出席した[7]が、ムーアが星の前でひざまずいた後、立ち上がるのに人手を借りねばならない一幕もあった[8]。2008年には初めての自伝 "My Word Is My Bond" [9]を上梓、また仏芸術文化勲章の最高章であるコマンドゥールを授与された[10]。

私生活では、4度の結婚をしている。2人目の妻である歌手のドロシー・スクワイアーとは1961年に破局したが、彼女がその後8年間離婚を拒んだため、ムーアと後述するルイザ・マッティオリとの間の子供のうち2人は、庶出子となってしまった。ドロシーは1998年に死去したが、2009年になってムーアはドロシーが子供の頃住んでいた家に300ポンドのブルー・プラークを贈った[11]。

3人目の妻である元女優のルイザ・マッティオリとの間には2男1女がおり、子供の中でジェフリーとデボラは俳優になった。1994年、ムーアがルイザに電話で二人の38年間の関係は終わったと告げ、1993年に患った前立腺癌[12]のためリヴィエラで療養中、ルイザの親友であるクリスティナ・ソルストラップと恋愛関係になっていたことが明らかになった。2002年に1億ポンド(スターリング・ポンド)の慰謝料でルイザとの離婚が成立すると、ムーアは74歳でクリスティナとモンテカルロで秘密裏に結婚式を挙げたが、このときムーアの子供は誰も出席しなかった[13]。しかし、2007年のハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム殿堂入りの際には、妻クリスティナとムーアの3人の子供がそろって出席した[7]。

10月10日生まれの有名人「カイくん、お父さん犬」



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト


カイくん(2003年10月10日 - )は、CMなどに出演するタレント犬。湘南動物プロダクション所属。

ソフトバンクモバイルのCMで有名になり、愛称は「(白い)お父さん」。

概要編集

北海道勇払郡むかわ町生まれの北海道犬で、北海道の「海」にちなんで名づけられた。好物はソーセージとロケ弁のシャケ、きゅうりである。妹にネネ、弟にポロという犬がいる。

NHK朝の連続テレビ小説「天花」(2004年)、TBS系ドラマ「里見八犬伝」(2006年)に出演後、2007年に開始されたソフトバンクモバイルのホワイトプラン・ホワイト学割などを主に宣伝する「白戸家の人々」の広告に、ある事情で人間から白い犬に変身してしまった「お父さん」役として出演し、一躍有名となった。

このTVCMではカット毎に演技の得意不得意に応じてネネを代わりに出演させている二犬一役の場合がある。お父さん役の吹替で声を出している人物は北大路欣也である(誰の声なのか憶測を呼んだがCM開始前に声優は発表されていた)[1]。CM総合研究所の2007年度CMタレント好感度調査によると、ソフトバンクモバイルのCMでは「お父さん(犬)」がキャラクター部門の1位であった。このブレイクにより、カイくんやネネを主演にしたイメージビデオのDVDが制作・発売されている。

2009年4月13日にはプロ野球・福岡ソフトバンクホークスの2009年の応援隊長になった。そのためホークスのユニフォームの肩の所にソフトバンクモバイルの宣伝のため写真が貼り付けられている。

2009年10月27日には北海道犬保存会鵡川支部長の飼い犬の同じ北海道犬と「見合い結婚」した[2]。

2010年6月12日、ペアリングした北海道犬「ピリカ」との間に、雄雌2匹の仔が誕生した[3]。雄の子の名は「そら君」、雌の子は「ゆめちゃん」[4]。2010年7月7日、もう一方のパートナーである北海道犬「灯希奈(ときな)」との間に雌雄3匹の仔が誕生。うち一匹「海斗(かいと、雄)」が帯広の個人に譲られた[5]。

ソラとユメについては、2010年8月17日に映画「キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争」の試写会に出演したカイくんと揃ってメディアにお披露目された。

ウィルコムのCMもおこなっていた佐々木希が登場するピエトロドレッシングのCMにもカイくんの子犬を使用したとテレビ東京系『広告の番組』で仲畑貴志がコメントしている。

2014年4月、老齢のため、すべての仕事から引退[6]。CMは海斗に引き継ぎ。

CM
テレビドラマ

10月9日生まれの有名人「ジョンレノン」



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト

ジョン・ウィンストン・オノ・レノン (John Winston Ono Lennon, MBE、1940年10月9日 - 1980年12月8日) は、イギリスのミュージシャン。ロックバンド・ザ・ビートルズの元メンバーで、ヴォーカル・ギター・作詞作曲を主に担当した。身長178cm。

出生名はジョン・ウィンストン・レノン (John Winston Lennon) であったが、オノ・ヨーコと結婚後はジョン・ウィンストン・オノ・レノンと改名。


1960年代に伝説的な成功を収めたロックバンド、ザ・ビートルズを立ち上げたリーダーとして知られる。ポール・マッカートニーと「レノン=マッカートニー」としてソングライティングチームを組み、大半の楽曲を製作し、メイン・ボーカルを務めた。1970年のビートルズ解散後はアメリカを主な活動拠点とし、ソロとして、また妻で芸術家のオノ・ヨーコと共に平和運動家としても活動した。1975年から約5年間音楽活動を休止した後、1980年12月8日23時頃(米国東部時間)にニューヨークの自宅アパート「ダコタ・ハウス」前においてファンを名乗る男性により銃で撃たれ亡くなった。

「ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第5位。同誌の「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第38位、「歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第55位。「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第5位[1]。

ビートルズとしても、またソロシンガーとしても音楽界に多大な功績を残し、死後も絶大な影響を与え続けている。

10月8日生まれの有名人



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト


宮澤 喜一(みやざわ きいち、1919年(大正8年)10月8日 - 2007年(平成19年)6月28日)は、日本の大蔵官僚、政治家。

参議院議員(2期)、経済企画庁長官(第12・13・17・18・29代)、衆議院議員(12期)、通商産業大臣(第32代)、外務大臣(第103代)、内閣官房長官(第44代)、副総理、大蔵大臣(第88・89・105・106・107代)、内閣総理大臣(第78代)、郵政大臣(第56代)、農林水産大臣(第18代)、財務大臣(初代)、自由民主党総務会長、自由民主党総裁(第15代)などを歴任。


出生から学生時代まで
宮澤裕・こと夫妻の長男として東京に生まれた。本籍地は広島県福山市[1]。母・ことは司法大臣、鉄道大臣等を歴任した小川平吉の二女。父の裕は当時山下汽船に勤務していたが、すでに政界を志し、広島県から国会へ進出しようとして着々と準備を進めていた[2]。

東京高師附属小学校、旧制武蔵高等学校を経て東京帝国大学法学部政治学科卒業。在学中の1939年(昭和14年)、日米学生会議に参加のため渡米した。

宮澤三兄弟の幼少の頃を知るいとこの和田貞子によれば、「三人はいずれも二歳違いで、とても仲の良い兄弟でした。住まいは東京でしたが、夏になると伯父(裕)の故郷であるこの福山に帰ってきて、海水浴などにでかけていました。お母さんのいうことをよく聞き、礼儀正しい子でしたね。とくに喜一先生は小学校高学年のころから議論好きで、何かというと議論していました。高校、東大に通われるころ、私は東京の家にお手伝いにいっていたのですが、そのころは勉強ばかりしていたのが印象的です」という[3]。

学生時代のことを、宮澤は次のように語っている。「私達の学生時代はご承知のような時代だったから、あんまり思い出というほどのものもないが、よく能をみて歩いた。ただ、家があまり裕福でなかったのに能の切符はその頃一円ぐらいして非常に高かったので、それを買うのが大変だった。能が好きになったのは両親の影響もあったのだろう。母が謡をやっていて、私も中学から大学まで謡をならった。若いときにやったから一応はちゃんとうたえるようになった。能のほかには当時の学生と同じようによく映画をみ、レコードを買ってきいた。神田の神保町に中古のレコード屋があって、よく買いにいったものだ…」[4]。

1942年(昭和17年)1月、大蔵省に入省。沼津税務署長などを経て、終戦時には本省で戦争保険を担当していた。1945年(昭和20年)8月、東久邇宮内閣が発足すると、大平正芳とともに津島壽一蔵相秘書官となる。1949年(昭和24年)には池田勇人蔵相秘書官として、講和条約の準備交渉に携わる。1951年(昭和26年)9月、サンフランシスコ講和会議では全権随員として参加。

1952年(昭和27年)に池田通産大臣がいわゆる「中小企業発言」で不信任されたのに殉じるように、宮澤も大蔵省を退官。本人はすぐに政界にというつもりではなかったと語るが、池田の強い勧めで翌1953年(昭和28年)、第3回参議院議員通常選挙に広島県選挙区から出馬し当選。

参院議院運営委員長などを経て、1962年(昭和37年)の第2次池田改造内閣では経済企画庁長官として初入閣、池田首相のブレーンの一人として所得倍増政策の一翼を担う。テレビの政治討論会などに積極的に出演し、自民党のニュー・ライト(新保守)を代表する若手政治家として注目される。1967年(昭和42年)衆議院に鞍替え出馬して第31回衆議院議員総選挙に当選。以後通産相、外相、総務会長などの要職を歴任していった。

党内では池田派(宏池会)に所属し、早くから総裁候補と目された。ポスト田中角栄で総裁に推す声が一部で上がった他、大平後継では本命の一人だったが、当時まだ隠然たる影響力を持っていた田中との関係の悪さがマイナスとなり実現せず、同じ宏池会で田中と近かった鈴木善幸が総裁に就任。鈴木内閣(及び同改造内閣)では内閣官房長官を務め、次代の中曽根内閣期まで、安倍晋太郎・竹下登らとともに「ニュー・リーダー」と称されたグループの一人となり、この3人は安竹宮と呼ばれた。

派内では、宮澤に対抗意識を燃やす田中六助と「一六戦争」と呼ばれる後継争いを繰り広げるが、田中が持病の糖尿病を悪化させ病没後の1986年(昭和61年)、宏池会会長となり派閥を継承。プラザ合意とその後の急激な円高を巡り、中曽根の経済運営を強く批判していた宮澤は、中曾根により大蔵大臣就任を要請され自ら円高是正に奔走することになる。大幅な介入やベーカー財務長官との頻繁な協議にもかかわらず有効な手を打てぬまま、円高は加速した。

1987年(昭和62年)秋には中曾根の後継者の座を安倍・竹下と争ったが、中曽根の裁定により竹下が総裁に就任。宮澤は竹下内閣に副総理兼蔵相として入閣し、消費税導入に尽力するが、1988年(昭和63年)、リクルート事件が発覚すると、未公開株の譲渡について倫理的責任を問われ大臣を辞任した。


1992年7月6日、先進7か国首脳会議にて
「宮沢内閣」および「宮沢内閣改造内閣」も参照

1991年(平成3年)、海部俊樹首相の退陣に伴う総裁選挙で勝利、72歳にして内閣総理大臣に就任した。参議院議員経験者としては初めての内閣総理大臣である。

保守本流のエース、国際派の総理大臣として大きな期待がかかったが、竹下派の支配下にあって思い通りの政権運営はままならなかった。在任中の施策としてはPKO協力法の成立と、それに伴う自衛隊カンボジア派遣がある。その過程で派遣された文民警察官と国連ボランティアが殺害された際に「PKO要員の殺害は止むを得ない。」と発言し批判を浴びた。

訪中した際には反日団体から生卵を車列にぶつけられた。1986年に中国で起きた中国共産党政府による天安門事件での民衆殺戮に対し日米欧が行っていた多岐の制裁を覆す為に江沢民は宮沢内閣に天皇陛下の訪中を要請し実現させ日本は真っ先に中国への制裁を解除しその後、米欧も制裁解除に連なった。首相退任直前に慰安婦問題についての河野談話を発表し謝罪の意向を表明したが、一部の保守派論壇から非難された。

またバブル景気崩壊後の金融不安を巡って、側近であった浜田卓二郎の進言を容れて、1992年(平成4年)8月中旬に日銀総裁であった三重野康と歩調を合わせて東証閉鎖・日銀特融による公的資金投入というシナリオを密かに模索したが、大蔵省の反対により一旦断念。なおも30日の自民党の軽井沢セミナーで金融機関への公的援助発言をする。地価や株価等の資産価格の大幅な下落から、今までの景気後退とは質が違うとし、公的資金を投入しても不良債権を早期に処理する必要性があると発言したものであった。しかし官庁、マスコミ、経済団体、そして当の金融機関自身からの強い反対にあい実行に至らなかった。その結果、宮沢喜一はその決定を取り下げなければいけなくなり、この事により銀行への公的資金投入による不良債権処理はタブーとなり、その後は何年にもわたり日本の政治家は誰一人としてこの事を言えなくなってしまった。宮沢がこの発言をした背景には、英経済紙フィナンシャル・タイムズが日本の不良債権額を、大蔵省の発表額の数倍である50兆円に達すると報じたのを目にしていたことがあったが、そのような危機意識を国内で共有していたのは、三重野など限られた人物以外に存在しなかったという。

折からリクルート事件などを巡って高まっていた政治改革の機運の中で、宮澤は政治改革関連法案の成立を目指したが、自身は必ずしも小選挙区制をはじめとする政治改革に積極的ではなかった。竹下派から分かれた小沢・羽田グループ(改革フォーラム21)は宮澤のそのような姿勢に反発を強め、1993年(平成5年)6月に内閣不信任案が提出されると賛成にまわり同案は可決された。自民党は大量の離党者を出したまま総選挙を行うも新生党、新党さきがけなど自民党から離れた議席を回復することが出来ず日本新党を中心とした野党勢力に敗れ、細川護熙に政権を明け渡す。宮澤は自民党長期支配38年の最後の首相となった。宮澤は第15代自民党総裁だったために、同じく15代目で政権を明け渡した徳川慶喜になぞらえ「自民党の徳川慶喜」といわれた。


その後は村山内閣で外相在任中の河野洋平から駐米大使を打診されたが固辞、1996年(平成8年)初めて小選挙区比例代表並立制で実施された第41回衆議院議員総選挙では重複立候補していない新進党公認柳田稔との現職対決に圧勝で再選、1998年(平成10年)に小渕内閣が発足すると、未曾有の経済危機に対処するため小渕恵三首相は宮澤に大蔵大臣就任を要請。当初は難色をしめしていたが、小渕の強い熱意のもと就任を受諾。戦前に活躍した高橋是清以来の異例の総理経験者の蔵相就任となったため、「平成の高橋是清」といわれた。総理経験者の閣僚就任は第1次吉田内閣の幣原喜重郎国務大臣・復員庁総裁以来51年ぶりのことだった。

折からの金融危機に対処するため金融再生関連法・金融健全化法を成立させ、またアジア通貨危機にあたっては「新宮澤構想」に基づき300億ドルに及ぶ経済支援を行った。続く森内閣でも蔵相に留任し、初代財務大臣となる。

小渕・森内閣両期を通じて巨額の恒久的減税の一方で財源として一貫して大量の赤字国債を発行し続け、財政赤字は膨大なものとなった。こうした極端な積極財政を主導したことも、高橋是清になぞらえて呼ばれるようになった理由の1つである。金融危機を脱した後は経済は概ね好調だったが、森内閣の退陣とともに宮澤も退任した。

2003年総選挙の際、小泉純一郎自民党総裁は、衆院比例候補・定年73歳の徹底と「世代交代、若返り」という選挙運動方針を定め、それに則って中曽根・宮澤両元首相に対して、総選挙への立候補断念及び代議士引退を要請した。宮澤は当初難色を示したがこれを受け、代議士の引退を決断(2000年第42回衆議院議員総選挙の時点で自らの福山の地盤を甥の宮澤洋一に譲って比例単独候補に転身していた。なお、比例名簿で終身比例名簿1位から退いたことで比例当選最下位順位の佐藤信二が復活当選している)。これは最後まで引退に抵抗しようとした中曽根とは対照的である。

宮澤自身は政界引退後も元首相、戦後政治の証言者として経済や安全保障のご意見番となり、様々な形で活躍していた。細川護煕内閣に組閣のアドバイスをしていたほか、ハト派政治家である一方自民党内タカ派とも以前に比べ仲が良く、人当たりも温和になっていた。

2005年(平成17年)夏に体調を崩し、入院をした。退院後は容貌が一変するほどに痩せ、周囲を心配させたが、その後も活発にテレビ出演などを続けてきた。2006年(平成18年)7月に自宅で転倒して足を骨折して以降、表立った活動を控えていたが、翌2007年(平成19年)2月の政界関係者の会合には車椅子姿で参加。スピーチも行うなど元気な姿を見せたが、これが公の場に姿を見せた最後となった。

2007年(平成19年)6月28日午後1時16分、老衰のため東京都渋谷区神宮前の私邸で死去。87歳。参院在職12年3ヶ月、衆院在職36年9ヶ月で国会議員在職合計49年0ヶ月。あと12ヶ月国会議員を務めた場合は櫻内義雄に次いで史上2人目の衆参両院合算による国会議員在職50年に到達して名誉議員有資格者となるところであった。

在任期間が一年を超える首相経験者は大勲位菊花大綬章を受勲する事が慣例となっているが、遺族は本人の意向により勲章等は辞退した。8月28日に、安倍晋三首相を葬儀委員長として、内閣・自由民主党合同葬が日本武道館で行われた。

10月7日生まれの有名人



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト


ニールス・ヘンリク・ダヴィド・ボーア(デンマーク語: Niels Henrik David Bohr[1]、1885年10月7日 - 1962年11月18日)は、デンマークの理論物理学者[2]。量子論の育ての親として、前期量子論の展開を指導、量子力学の確立に大いに貢献した。

ヨーロッパ時代
コペンハーゲンに生まれ、1903年にコペンハーゲン大学に入学。1911年にイギリスへ留学、キャヴェンディッシュ研究所のジョゼフ・ジョン・トムソンの下での研究後、1911年にマンチェスター大学のアーネスト・ラザフォードの元で原子模型の研究に着手した。コペンハーゲン大学に戻り、マックス・プランクの量子仮説をラザフォードの原子模型に適用して、1913年にボーアの原子模型を確立した。1921年にコペンハーゲンに理論物理学研究所(ニールス・ボーア研究所)を開き、外国から多くの物理学者を招いてコペンハーゲン学派を成することになる。原子物理学への貢献により1922年にノーベル物理学賞を受賞。

その後も、ヴェルナー・ハイゼンベルクらの後進とともに、量子力学(行列力学)の形成を推進。エルヴィン・シュレーディンガーが波動力学を発表したときには、コペンハーゲンに招きよせ、討論に疲弊して倒れたシュレーディンガーの病床で議論を続けたことは有名である。アルベルト・アインシュタインが量子力学に反対するようになると、尊敬するアインシュタインとも論争を続けて説得しようとした。有名なエピソードにマックス・ボルン宛にアインシュタインが書いた手紙("Der Alte würfelt nicht."神はサイコロを振らない)に反論した名言("Einstein, schreiben Sie Gott nicht vor, was er zu tun hat."アインシュタインよ、神が何をなさるかなど、注文をつけるべきではない)がある。ボーアは社交的な人柄だったので、多くの物理学者から慕われ、量子力学の形成に指導的役割を果たしたのである。また、彼は実験をせず科学的発見を行ったといわれている。[誰?]

アメリカ時代
第二次世界大戦が始まり、ナチス・ドイツがヨーロッパでの侵略を始めると、ユダヤ人を母に持つボーアはイギリスを経由してアメリカに渡った。

1939年に発表されたボーアの原子核分裂の予想(ウラン同位元素235は分裂しやすい)は、原子爆弾開発への重要な理論根拠にされた。しかし、ボーアは軍拡競争を憂慮し、西側諸国にソ連も含めた原子爆弾の管理及び使用に関する国際協定の締結に奔走したが、結局ボーアの願いは叶わなかった。

「日本への原子爆弾投下#原子爆弾投下阻止の試みと挫折」を参照


20世紀初頭の物理学に対して様々な貢献を成しとげており、量子力学分野の確立において、相対性理論の確立者であるアインシュタインと双璧を成すと称される。

業績についてはボーアも参照。


1997年に107番元素がボーアの名にちなみ「ボーリウム」と命名された。

ボーアはランタノイドの性質の類似性や3価イオンの色などからランタノイドの電子軌道の構造を推定し(ボーアのランタノイド仮説)、当時未発見だった72番元素はランタノイドではなくジルコニウムに類似したものだと予言してボーア研究所のディルク・コスターとゲオルク・ド・ヘヴェシーにジルコンの分析を提唱。結果発見されたのがハフニウムである[1]。

なお、ボーアは若い頃サッカーが得意だったが、デンマーク正代表選手としてオリンピックに出場し銀メダルを獲得したのは弟のハラルト・ボーアである[3]。ハラルトは数学者で、リーマンのゼータ関数を研究し、また概周期函数を発見した。 文武両道のハラルトに比べ、数学の虫だったニールスはサッカーの試合で失点する度に「ニールスはGKなのに頭の中は数学の事でいっぱいだからシュートが止められない」と数学好きと絡めて茶化されて、果てには「紙に数式をメモしてる間にゴールされてしまった」という逸話がジョークとして残っている。1908年ロンドンオリンピックは欠員が出た場合の予備選手として声がかかっていたが本選には招集されていない。

また、1975年には、息子のオーゲ・ニールス・ボーアもノーベル物理学賞を受賞した。

更に、父のクリスティアン・ボーア(Christian Bohr)は、ボーア効果で知られる生理学者である。

理論物理学者のリチャード・ファインマンは兵役検査にて精神科医の「聞こえるはずがない声を聞いた事があるか」という質問に、いたずら心が出たファインマンはデンマーク訛りの英語の声帯模写(師にあたるボーアの真似)をして、結果「適性不良」として兵役検査から落とされている。


ボーアがデザインした勲章
ボーアは、量子論の解き明かした粒子と波の二面性、位置と速度の不確定性などの世界像を「相補性」と名付け、後半生には量子物理学と東洋哲学に類似性があるとして東洋哲学を研究していた。 さらに、次のようにも言っている。 「原子物理学論との類似性を認識するためには、われわれはブッダや老子といった思索家がかつて直面した認識上の問題にたち帰り、大いなる存在のドラマのなかで、観客でもあり演技者でもある我々の位置を調和あるものとするように努めねばならない。」 その傾倒ぶりは、偉大な功績により、デンマーク最高の勲章であるエレファント勲章(Order of the Elephant)を受けた時、「紋章」に選んだのが、陰と陽、光と闇の互いが互いを生み出す、東洋の図面、太極図であったことからもうかがえる。 その紋章は、デンマークのフレデリック城に、世界の王室・元首の紋章とともに飾られている。

10月6日生まれの有名人



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト


平田 篤胤(ひらた あつたね、1776年10月6日(安永5年8月24日)-1843年11月2日(天保14年閏9月11日))は、江戸時代後期の国学者・神道家・思想家・医者。出羽久保田藩(現在の秋田市)出身。成人後備中松山藩士の兵学者平田篤穏の養子となる。幼名を正吉、通称を半兵衛。元服してからは胤行、享和年間以降は篤胤と称した。号は気吹舎(いぶきのや)、家號を真菅乃屋(ますげのや)。医者としては玄琢を使う。死後、神霊能真柱大人(かむたまのみはしらのうし)の名を白川家より贈られている。

復古神道(古道学)の大成者であり、荷田春満、賀茂真淵、本居宣長とともに国学四大人(うし)の中の一人として位置付けられている。


当初は、本居宣長らの後を引き継ぐ形で、儒教・仏教と習合した神道を批判したが、やがてその思想は宣長学派の実証主義から逸脱した神秘学的なものに変貌していった。篤胤の学説は水戸学同様幕末の尊皇攘夷の支柱となった。

篤胤は独自の神学を打ち立て、国学に新たな流れをもたらした。神や異界の存在に大きな興味を示し、死後の魂の行方と救済をその学説の中心に据えた。また、仏教・儒教・道教・蘭学・キリスト教など、さまざまな宗教教義なども進んで研究分析し八家の学とも称していた。西洋医学、ラテン語、暦学・易学・軍学などにも精通していた。彼の学問体系は知識の広範さゆえに複雑で錯綜しており、不自然な融合もみられる。篤胤の復古神道は平田神道と呼称され、後の神道系新宗教の勃興につながった。

篤胤の学説は学者や有識者のみならず、庶民大衆にも向けられた。一般大衆向けの大意ものを講談風に口述し弟子達に筆記させており、後に製本して出版している。これらの出版物は町人・豪農層の人々にも支持を得て、国学思想の普及に多大の貢献をする事になる。庶民層に彼の学説が受け入れられたことは、土俗的民俗的な志向を包含する彼の思想が庶民たちに受け入れられやすかったことも示している。特に伊那の平田学派の存在は有名である。後に島崎藤村は小説『夜明け前』で平田学派について詳細に述べている。倒幕がなった後、明治維新期には平田派の神道家は大きな影響力を持ったが、神道を国家統制下におく国家神道の形成に伴い平田派は明治政府の中枢から排除され影響力を失っていった。

10月3日生まれの有名人



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト

アルビン・トフラー(Alvin Toffler、1928年10月4日 - )は、アメリカの評論家、作家、未来学者。

妻のハイジ・トフラーも作家であり未来学者である。現在トフラー夫妻は、カリフォルニア州ロサンゼルスのベル・エア地区(サンセット大通りの北)に在住。ともにアメリカ国防大学教授、国際連合女性開発基金米国委員会の共同議長を務めている。

経歴編集

「デジタル革命」、「コミュニケーション革命」、「組織革命」、「技術的特異点」といった「情報化社会」実現の予言に関した業績で特に知られ、フォーチュン誌のアソシエイトエディターを勤めた。初期の仕事はテクノロジーと(情報の過負荷状態などによる)その影響に関するものだった。その後は、社会の変化と相互作用に興味を移していく。特にポスト冷戦以降の関心事は、21世紀の軍事技術、兵器や技術の増殖、資本主義の増大する力への提言が多くなった。

1928年、ニューヨーク市で生まれる、1949年、ニューヨーク大学卒業。妻となるハイジとはニューヨーク大学で出会った。学生だった彼らは、大学院にそのまま在学し続けることに疑問を持ち、アメリカ合衆国中西部に移住。そこで結婚して工場の従業員として約5年間を過ごし、工業化された大量生産の現場について実地で勉強した。ハイジはアルミニウム鋳造工場で働いていたが、その工場の組合事務員として働くようになった。アルビンは機械修理工兼溶接工となった[3]。

彼らの実地の労働経験により、トフラーはまず組合系の新聞の記者となり、ワシントン支局に異動となり、ペンシルベニアの日刊新聞の特派員として3年間、議会とホワイトハウスを担当した。その間、妻はビジネスと行動科学を中心とした専門的図書館で働いていた[3]。

フォーチュン誌に招かれてニューヨークに戻り、アルビンは労働問題担当のコラムニストになった。後にビジネスや経営についても担当するようになる[3]。

フォーチュン誌を離れると、IBMに雇われることになり、コンピュータが社会や組織に与える影響について調査する仕事を請け負った。このため、コンピュータ黎明期の開発者や人工知能研究者らと知り合うことになった。ゼロックスは彼を招いて同社の研究所について文章を書いてもらい、AT&Tは彼をコンサルタントとし、戦略的助言を求めた。このAT&Tでの仕事では、政府がAT&T解体を強制する10年以上前に分割を助言していた[3]。

1960年代より、トフラーは、著書『未来の衝撃』に結実する文章を書き始めていた[3]。

かつては Russell Sage Foundation の客員学者、コーネル大学の客員教授、New School for Social Research の教職員、ホワイトハウス特派員、フォーチュン誌編集者、ビジネスコンサルタントなどを務めた[4]、世界各国のオピニオン雑誌に論文が訳されている(日本では中央公論が多かった)。

1996年、ビジネスコンサルタントのトム・ジョンソンと共同でトフラーの著作にあるアイデアを様々な形で実現するコンサルタント会社 Toffler Associates を設立した。Toffler Associates の顧客は企業やNGOだけでなく、アメリカ合衆国、韓国、メキシコ、ブラジル、シンガポール、オーストラリアといった国々の政府も含まれる[3]。


「社会には、年配者を世話する人々が必要で、彼らはどのように同情し、どのように正直であるべきかを知っていなければならない。社会には、病院で作業する人々が必要である。社会には、単なる認識だけではないすべての種類のスキルが必要である。それらは感情的であり、それらは愛情である。データとコンピュータだけでは社会は実現しない。」

とトフラーは言う[5]。トフラーはまた Rethinking the Future の中で「21世紀の文盲とは、読み書きできない人ではなく、学んだことを忘れ、再学習できない人々を指すようになるだろう」と記している。

トフラーは、『第三の波』の中で、「波」の概念に基づいて三種類の社会を描いた。そして、それぞれの波は古い社会と文化を脇へと押しやる、とした。

第一の波は農業革命の後の社会であり、約15000年ほど前から農耕を開始したことにより、それ以前の狩猟採集社会の文化を置換した(歴史学で本来使われる18世紀の「農業革命」とは概念が異なり、新石器革命、あるいは農耕技術の革命に相当する)。
第二の波は産業革命であり、18世紀から19世紀にかけて起こった。工業化により、それまでの農耕社会から産業社会へと移り変わる。社会の主な構成要素は、核家族、工場型の教育システム、企業である。トフラーは次のように書いている。
「第二の波の社会は産業社会であり、大量生産、大量流通、大量教育、マスメディア、大量のレクリエーション、大衆娯楽、大量破壊兵器などに基づくものである。それらを標準化と中央集権、集中化、同期化などで結合し、官僚制と呼ばれる組織のスタイルで仕上げをする。」

第三の波は脱産業社会(脱工業化社会)である。トフラーは1950年代末にはこれを言いはじめ、多くの国が第二の波から第三の波に乗り換えつつあるとした。彼は、それを説明する造語をたくさん作り、他の人々が発明した情報化時代、情報化社会、情報革命のような造語にも言及した。
この脱産業社会の中では、ライフスタイル(「サブカルト」)は様々である。「アドホクラシー」(例えば流体のように変化するウィキペディアコミュニティのようなもの)は迅速に変化に適応する。情報は物理的資源の大部分を代替することができ、緩やかに関係している労働者(proletarian の代わりに cognitarian と呼ぶ)に供される主要な材料となる。「マスカスタマイゼーション」は安価で個性のある製品をある特定のニッチに対して提供する(ジャストインタイム生産システムを参照)。

生産者(プロデューサー)と消費者(コンシューマー)のギャップは技術によって埋められる。「生産消費者(生産に関わる消費者、トフラーの造語)」は自身のニーズを満たすことができる(オープンソース、フリーランス、組み立てキットを参照)。場合によっては労働を海外にアウトソーシングするのではなく、無給の消費者にアウトソーシングすることもある。例えば、銀行で銀行員に手続きをさせるのではなく、ATMを消費者自ら操作するとか、小包の配送状況をインターネット上で自分で確認するといった事例である。

1960年代以来ずっと、人々は新しい技術のインパクトと社会的変化を理解しようとしている。トフラーの著作は科学や経済や社会秩序の限界を超えて有意義であった。テクノ音楽の名付け親ホアン・アトキンスは、自身が創造を助けた音楽ジャンルに「テクノ」と名づけるに際して、トフラーの『第三の波』に出てくる「テクノレベル」という造語からインスパイアされたという[要出典]。

トフラーの業績と思想は、他の未来学と同様の批判(未来を予測することはほとんど不可能だ)を受けてきたが、1990年代に新保守派論客ニュート・ギングリッチは、トフラーを公然と賞賛した。

トフラーが現代の転換点となるかもしれないと考えているのは宇宙空間開発による富の生産である。富は現在どこででも生み出され(グローバリゼーション)、同時にどこにも存在せず(サイバースペース)、外(宇宙空間)にあると主張する。GPSは携帯電話からATM使用まで、あらゆるデータの流れを正確な時刻で同期させる鍵となっている。それによって正確な追跡が可能となり、ジャストインタイム (JIT) の生産性が可能となる。GPSはまた航空交通管制の中心になりつつある。また、気象衛星によって天気予報の精度が上がり、農業の生産性を向上させている。

トフラーの未来予測の重要な2点である「オフィスのペーパーレス化」と「人間自身のクローン」はまだ実現していない。

10月2日生まれの有名人



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト




モーハンダース・カラムチャンド・ガーンディー
グジャラーティー文字表記:મોહનદાસ કરમચંદ ગાંધીデーヴァナーガリー文字表記: मोहनदास करमचन्द गांधीラテン文字表記:Mohandas Karamchand Gandhi1869年10月2日 - 1948年1月30日)は、インドグジャラート出身の弁護士宗教家、政治指導者。

マハトマ・ガンディー(=マハートマー・ガーンディー)として知られるインド独立の父。「マハートマーमहात्मा)」とは「偉大なる魂」という意味で、インドの詩聖タゴールから贈られたとされているガンディーの尊称である(自治連盟の創設者、アニー・ベザントが最初に言い出したとの説もある)。また、インドでは親しみをこめて「バープー」(बापू:「父親」の意味)とも呼ばれている。日本語では「ガンジー」とも表記される。

1937年から1948年にかけて、計5回ノーベル平和賞の候補になったが、受賞には至っていない。ガンディーの誕生日にちなみ、インドで毎年10月2日は「ガンディー記念日」(गांधी जयंती、ガーンディー・ジャヤンティー)という国民の休日となっており、2007年6月の国連総会では、この日を国際非暴力デー英語版という国際デーとすることが決議された。



南アフリカ
弁護士をする傍らで公民権運動に参加し、帰国後はインドのイギリスからの独立運動を指揮した。その形は民衆暴動の形をとるものではなく、「非暴力不服従」(よく誤解されているが「無抵抗主義」ではない)を提唱した。

この思想(彼自身の造語によりサティヤーグラハ英語版、すなわち真理の把握と名付けられた)はインドを独立させ、イギリス帝国イギリス連邦へと転換させただけでなく、政治思想として植民地解放運動や人権運動の領域において平和主義的手法として世界中に大きな影響を与えた。特にガンディーに倣ったと表明している指導者にマーティン・ルーサー・キング・ジュニアダライ・ラマ14世等がいる。

性格的には自分に厳しく他人に対しては常に公平で寛大な態度で接したが、親族に対しては極端な禁欲を強いて反発を招くこともあったという。なお、インドの政治家一族として有名な「ネルー・ガーンディー・ファミリー」(インディラー・ガーンディーら)との血縁関係はない。


イギリス領インド帝国
、現在のグジャラート州の港町ポールバンダルで、当時のポールバンダル藩王国宰相カラムチャンド・ガーンディーと、その夫人プタリーバーイーの子として生まれた。ポールバンダルの小学校に入学後、ラージコートの小学校に入りなおす。成績が悪く融通もきかない面があった。

小学校時代は素行も悪く、悪友にそそのかされて、ヒンドゥー教の戒律で禁じられている肉食を繰り返していただけでなく、タバコにも手を出し、タバコ代を工面する為に召し使いの金を盗み取ったこともあった。

その後、12歳でアルフレッドハイスクールに入学。13歳の若さ(インド幼児婚の慣習による)で生涯の妻となるカストゥルバと結婚。18歳でロンドンに渡り、インナー・テンプル法曹院に入学し、法廷弁護士となるために勉強する。

卒業後、1893年にはイギリス領南アフリカ連邦(現在の南アフリカ共和国)で弁護士として開業した。しかし、白人優位の人種差別政策下で、鉄道の一等車への乗車を拒否され荷物もろとも放り出されるなどの強烈な人種差別を体験したことで、イギリス領南アフリカ連邦の人種差別政策に反対し、インド系移民の法的権利を擁護する活動に従事するようになる。

1880年代以降、ガンディーはインドの宗教的叙事詩バガヴァッド・ギーターロシア小説家レフ・トルストイの影響を受けていたが、『新約聖書』の「山上の垂訓」など基督の十字架の道を深く理解し、「非所有」の生涯を決意する。後の非暴力運動思想を形成していく。

20世紀初頭には、南アフリカ連邦となり、1913年に原住民土地法が制定されるなど人種差別政策の体制化が進んだ南アフリカにおいて、インド系移民の差別に対する権利回復運動を行った。

1908年初めて逮捕され、その後1913年トランスバールの行進を企画し初めて投獄された。しかし、不正を追及し撤廃させ初めて勝利を手にした。

ダーバン近郊でアーシュラマ共同農園を創設。そこで、禁欲、断食、清貧、純潔を実践し、精神面を強化し、イギリスからの独立を展望している。 この時の経験は1915年にインドに帰国してからの民族運動にも生かされている。

1914年第一次世界大戦が起こると、イギリスは将来の自治を約束して、植民地統治下のインド人に協力を求めた。ガンディーはこの約束を信じ、インド人へイギリス植民地軍への志願を呼びかける運動を行った。

「私は、インド人は戦争に協力すべきである、と思った。イギリスの危機をインドのチャンスに変えてはいけない。戦争が続いている間、要求を突きつけることなく大英帝国に協力したほうがかえってインドの利益になる。だから私は、人々に志願兵を応募するように呼びかけた。大英帝国を通じて自分の民族の現状を改善しようと期待していたのだ。」


しかし戦争がイギリスの勝利に終わっても、自治の拡大は、インド人が期待したほどの速度では進行せず、またドイツからの援助を受けていた一派による蛮行を抑えるため、インド帝国政府は強圧的な「ローラット法」を制定するにいたる。

さらに1919年4月13日には、パンジャーブ地方アムリットサルシク教の聖地)でスワデーシー(自分の国の意で国産品愛用)の要求と、ローラット法発布に対する抗議のために集まった非武装の市民に対して、グルカ族およびイスラーム教徒からなるインド軍部隊が無差別射撃し数百人を虐殺した「アムリットサル事件」が発生した。この一連のインド帝国政府の態度は、ガンディーに「イギリスへの協力が独立へとつながらない」という信念を抱かせるようになった。


第一次世界大戦後は、独立運動をするインド国民会議に加わり、不服従運動で世界的に知られるようになる。またイギリス製品の綿製品を着用せず、伝統的な手法によるインドの綿製品を着用することを呼びかけるなど、不買運動を行った。「インドの糸車を廻すガンディー」の写真はこの歴史的背景による。

こうした一連の運動のために、ガンディーはたびたび投獄された。例えば1922年3月18日には、2年間の不服従運動のために、6年間の懲役刑の判決を受けている。第一次の不服従運動は、1922年にインド民衆が警察署を襲撃して20人ほどの警官を焼死させる事件が発生し中止されたが、1930年より不服従運動は再開された。とりわけ、「塩の行進」と称されるイギリスの税に抗議した運動は有名である。

ガンディーが不服従運動のための協力者の要員を募集する際のその条件は、やはり多くの人と信頼を構築でき、その協力を得られるような人格者であったが、この「非暴力運動」に参加すること自体でも、暴力で運動を止めさせようとする兵士に対して反撃を行わず、逃げもしないという非常な勇気が必要とされ真の強さと忍耐が必要とされる。


非暴力の思想はインドと距離的に近い西アジアなどでも見られ、アジアで生まれたヒンドゥー教イスラーム教仏教キリスト教でそれはあてはまり、アジアの思想に共通するという思想からガンディーは自分はヒンドゥー教徒であり、イスラム教徒でもあり、また、原始キリスト教という意味ではキリスト教に賛同するとして宗教グループ間や世界の人々に対話を呼びかけた。

ガンディーは、カースト制度を職業の分担という観点から肯定的にとらえていた。生涯を通して、「不可触民」制度を撤廃する活動に精力的に励んだもののカースト制度そのものの制度廃止には賛成しなかった。

このようなカースト制度は容認してもカーストによる社会的差別に反対する姿勢は、同時期の政治指導者に多く見られる。このため、インドにおける仏教革新運動の指導者であるB・R・アンベードカルと意見を対立させている。

インド国民会議派元議長のスバス・チャンドラ・ボースラース・ビハーリー・ボースA.M.ナイルなど、インド国外でイギリスに対する独立闘争を続けていた独立運動家は、「欧米帝国主義国の植民地からの解放」を掲げた日本がイギリスの間で1941年12月に開戦し、その後日本軍が香港マレー半島などの東南アジア一帯のイギリスの植民地からイギリス軍を放逐した直後に、日本の支援を受けてインド国民軍を組織し、インドの外側から軍事的にイギリスに揺さぶりをかけようとした。しかしインド国内に留まっていたガンディーは、この様な動きに連携することはなかった。

ただし、日本軍が英米をはじめとする連合国軍を撃破し続け、インド洋からイギリス海軍を放逐しインドに迫った1942年初頭から1943年中盤の時期には、日本との連携を模索する姿勢を見せていたことが指摘されている。実際に1942年には、日本軍のインドへの接近にあわてたイギリスが、インドをイギリス連邦内自治領として認めるとしたことでインド人の懐柔を狙おうとしたが、イギリスの魂胆を見抜いたガンディーはこれを拒否し、民衆は「クイット・インディア」(インドから出ていけ)を掲げ、その結果2年間投獄されることとなった。

しかし、同時にガンディーは「すべての日本人に」と題された声明を発表し、「欧米帝国主義国の植民地からの解放」を掲げつつも、強権的かつ人種差別を明確に掲げるドイツやイタリアと組み覇権主義的な行動を見せつつある日本の姿勢に対する疑問を明らかにした。


1945年
8月に日本が連合国に降伏したことで第二次世界大戦が終結しイギリスは戦勝国となったが、日本やドイツとの戦いで国力は衰退し、もはや、本国から遠く離れている上に独立運動が根強く続けられてきたインドを、植民地として支配していくことは困難であった。

さらにはチャンドラ・ボースやラース・ビハーリー・ボース、A.M.ナイルらが設立したインド国民軍の一員として、これを支援した日本軍とともにイギリス軍やアメリカ軍オーストラリア軍などと戦ったインド人将官が、イギリス植民地政府により「反逆罪」として裁判にかけられることとなった。これに対してガンジーは、「インドのために戦った彼らを救わなければならない」とインドの国民へ独立運動の号令を発した。

この運動をきっかけに再びインド全体へ独立運動は広がり、これに耐えることができなくなったイギリスはインドの独立を受け入れ、1947年8月15日デリー赤い城にてジャワハルラール・ネルーがヒンドゥー教徒多数派地域の独立を宣言し、イギリス国王を元首に戴く英連邦王国であるインド連邦が成立した(その後1950年には共和制に移行し、イギリス連邦内の共和国となった)。

なお、ガンディーの「ヒンズーとイスラームが融合したインド」との思い通りにはいかず、最終的にイスラーム教国家のパキスタン[10]との分離独立となった。

ガンディーはヒンドゥー教徒だけでなくイスラーム教徒にも影響を与えている。1947年8月のインドとパキスタンの分離独立の前後、宗教暴動の嵐が全土に吹き荒れた。ガンディーは何度も断食し、身を挺してこれを防ごうとした。しかし、ヒンドゥー原理主義者からはムスリムに対して譲歩しすぎるとして敵対視された。

1948年1月30日、ガンディーはニューデリーのビルラー邸で狂信的なヒンドゥー原理主義集団民族義勇団の一人ナートゥーラーム・ゴードセー英語版नाथूराम गोडसे)らによって暗殺された。

3発のピストルの弾丸を撃ち込まれたとき、ガンディーは自らの額に手を当てた。これはイスラーム教で「あなたを許す」という意味の動作である。そして、ガンディーは「おお、神よ」(「ヘー ラーム हे राम」)とつぶやいてこの世を去った。78歳であった。国葬が行われ、遺灰は、ヤムナー川ガンジス川と南アフリカの海に撒かれた。

10月1日生まれの有名人



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト

ジェームス・アール・"ジミー"・カーター・ジュニア(James Earl "Jimmy" Carter, Jr.、1924年10月1日 - )は、アメリカ合衆国の政治家。ジョージア州上院議員、ジョージア州知事、第39代アメリカ合衆国大統領を歴任。2002年ノーベル平和賞受賞。身長175cm。バプテスト派キリスト教信者。

牧師でもあり、長らく南部バプテスト連盟系列の教会の信徒だったが、南部バプテストが神学的・政治的に保守化を強めたことから脱退。現在は南部バプテスト系分派であるコーペラティブ・バプテスト・フェローシップ(CBF)に籍を置く。

経歴編集

カーターは、ジョージア州プレーンズの町で生まれた(初の病院生まれの大統領である)。アーチェリーの近くで成長した。ジョージアサウスウェスタン大学およびジョージア工科大学で理学士の学士号を取得。

第二次世界大戦終結後の1946年に海軍兵学校に入校。同年ロザリン・スミスと結婚。カーターは大西洋および太平洋の艦隊で潜水艦に勤務し、その後ハイマン・G・リッコーヴァー提督によってアメリカ海軍の原子力潜水艦の開発推進プログラムの担当者に選ばれた。1952年12月12日、カナダのチョーク・リバー研究所の試験原子炉NRXで原子炉が暴走、燃料棒が溶融する原子力事故が発生した。カーターはアメリカ海軍の技術者として事故処理にあたり、被曝もしている。1953年、父親の死に伴い大尉として海軍を退役。当初は低所得者向け公営住宅に暮らすが、妻と共に公共図書館で自学してピーナッツ栽培に取り組み、成功を収める。
ギャラリー
  • ミラクル大仙人と行く開運神社参拝ツアー第15回~房総半島1宮三社参り~洲崎神社、安房神社、玉前神社参拝のご案内
  • ◆◆◆11月13日(日)皆神山UFO神社、善光寺参拝ツアーの詳細をお知らせ
  • ◆◆◆11月13日(日)皆神山UFO神社、善光寺参拝ツアーの詳細をお知らせ
  • ◆◆◆11月13日(日)皆神山UFO神社、善光寺参拝ツアーの詳細をお知らせ
  • ◆◆◆11月13日(日)皆神山UFO神社、善光寺参拝ツアーの詳細をお知らせ
  • 第12回開運神社参拝ツアー、榛名神社・赤城神社の秘密~その6
  • 第12回開運神社参拝ツアー、榛名神社・赤城神社の秘密~その6
  • 第12回開運神社参拝ツアー、榛名神社・赤城神社の秘密~その6
  • 第12回開運神社参拝ツアー、榛名神社・赤城神社の秘密~その6
livedoor プロフィール