ミラクル大仙人の開運神社参拝

ミラクル大仙人が紹介する日本全国の開運神社、パワースポットです。あなたにぴったりの開運神社を見つけて参拝いたしましょう。

9月が誕生日の有名人

9月30日生まれの有名人



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト


石原 慎太郎(いしはら しんたろう、旧字体:石原 愼太郎、1932年 (昭和7年) 9月30日 - )は、日本の政治家、作家。衆議院議員(9期)、次世代の党最高顧問。

参議院議員(1期)、環境庁長官(第8代)、運輸大臣(第59代)、東京都知事(第14代・第15代・第16代・第17代)を歴任した。左利き。俳優の石原裕次郎は実弟。衆議院議員の石原伸晃は長男、石原宏高は三男。俳優・タレントの石原良純は二男。


兵庫県神戸市生まれ。湘南高等学校、一橋大学法学部卒業。

一橋大学では社会心理学の南博ゼミに所属。大学在学中の1956年(昭和31年) に文壇デビュー作である『太陽の季節』が第34回芥川賞を受賞、「太陽族」が生まれる契機となる。また、同作品の映画化では弟・裕次郎をデビューさせた。作家としては他に芸術選奨文部大臣賞、平林たい子文学賞などを受賞。『「NO」と言える日本 -新日米関係の方策-』(盛田昭夫との共著)、裕次郎を題材にした『弟』はミリオンセラーとなった。

ベトナム戦争を取材した経験から政治家を志し、1968年(昭和43年)に参議院議員選挙に全国区から出馬し初当選。1972年(昭和47年) には衆議院に鞍替え出馬し当選、以後当選8回。1975年(昭和50年) 、現職の美濃部亮吉に挑戦する形で東京都知事選挙に自民党推薦で出馬するも落選。その後衆議院議員に復帰し、1976年(昭和51年) に福田赳夫内閣で環境庁長官を、1987年(昭和62年) に竹下内閣で運輸大臣を歴任、1989年(平成元年) には自民党総裁選に立候補し、海部俊樹に敗れる。1995年(平成7年)、議員勤続25年を祝う永年勤続表彰の場で、突如議員辞職を表明した。

1999年東京都知事選挙に出馬。立候補の表明は有力候補中最も遅かったが、舛添要一・鳩山邦夫・明石康・柿澤弘治といった有力候補を抑え初当選する。2003年東京都知事選挙では都知事選史上最高の得票率で再選、2007年東京都知事選挙では浅野史郎らを破り3選。2011年東京都知事選挙では当初不出馬が取り沙汰されたものの、東国原英夫らを破り4選。2012年(平成24年)、後継に猪瀬直樹副知事を指名し、次期衆議院選挙に出馬するため東京都知事を辞職。同年の第46回衆議院議員総選挙に比例東京ブロックで当選し17年ぶりに国政に復帰。

個人として300万票以上の得票数を選挙で2度獲得したのは石原のみである(1968年参院選全国区と2003年都知事選)。

公私問わず、毎年8月15日に靖国神社に参拝している。新しい歴史教科書をつくる会に賛同。日本会議代表委員、戸塚ヨットスクールを支援する会会長を務める。江藤淳の後を引き継ぎ、産経新聞にエッセイ『日本よ』を連載している。また2012年10月から6ヶ月掛けて、全集『石原愼太郎の思想と行為』(全8巻 内容は自分の著作をまとめたもの)を産経新聞出版から刊行。

趣味はサッカー、ヨット、テニス、スキューバダイビング、射撃。俳優の石原裕次郎は弟。家族は妻(石原典子)と4男。衆議院議員の石原伸晃は長男、俳優・タレントの石原良純は次男、衆議院議員の石原宏高は三男、画家の石原延啓は四男。

9月29日生まれの有名人

スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト

9月29日生まれの有名人は。
エンリコ・フェルミ。

お聞きになったことがありましたら、あなたは相当宇宙物理学、もしくは
量子力学を少しはご存じかも知れませんね。

ニュートリノの存在を予言したフェルミの理論で知られています。



エンリコ・フェルミEnrico Fermi1901年9月29日1954年11月28日)は、イタリアローマ出身の物理学者統計力学核物理学および量子力学の分野で顕著な業績を残しており、放射性元素の発見で1938年のノーベル賞を受賞している。実験家と理論家との二つの顔を持ち、双方において世界最高レベルの業績を残した、史上稀に見る物理学者であった

1901年イタリア王国ラツィオ州ローマに生まれる。公務員アルベルト・フェルミと教師イダ・デガティスとの間の第3子であった。

1918年、トスカーナ州の古都ピサに移り、ピサ高等師範学校に入校、物理学を学ぶ。非凡な才能を発揮してすぐに教師達を追い越してしまい、教師から相対性理論について教えを請われたこともあった。同校は現在ピサ大学サンターナ高等師範学校と共に教育・研究機関であるピサ大学システムを構成している。

1922年に学位を取得し、1926年には「フェルミ統計」に関する理論を発表して世界的な名声を得た。フェルミ統計は、電子の振る舞いにパウリの排他原理を導入した新しい統計力学だった。同時期にポール・ディラックも同様の結論を導き出していたため、フェルミ統計は「フェルミ=ディラック統計」とも呼ばれる。電子や陽子など、フェルミ統計に従う素粒子を総称してフェルミ粒子と呼ぶ。フェルミ統計は、金属の熱伝導や、白色矮星の安定性に関する理論的な基礎を与えるものである。

1926年、20代半ばにしてローマ大学の理論物理学教授に就任した。ここで、ニュートリノの存在を導入したベータ崩壊の理論(フェルミのベータ崩壊の理論)を完成させた。また、自然に存在する元素中性子を照射することによって、40種類以上の人工放射性同位元素を生成した。さらに、熱中性子を発見し、その性質を明らかにした。これらの成果によって、1938年にノーベル物理学賞を受賞した。このノーベル賞受賞の為、ストックホルムを訪れた際に、夫人と共に、アメリカに亡命する。

妻のラウラ・カポーネはユダヤ人であった。そのため、ムッソリーニファシスト政権下では迫害を受ける。1938年のノーベル賞授賞式出席のためイタリアを出国。ストックホルムで賞を受け取ったが、そのままアメリカに亡命した。1939年、コロンビア大学の物理学教授となった。このアメリカ亡命直後、フェルミは、ドイツで、ハーンが、核分裂の実験に成功したことを知る。

アメリカでは核分裂反応の研究に従事し、1942年、シカゴ大学で世界最初の原子炉シカゴ・パイル1号」を完成させ、原子核分裂の連鎖反応の制御に史上初めて成功した。この原子炉は原子爆弾の材料となるプルトニウムを生産するために用いられた。アメリカ合衆国の原子爆弾開発プロジェクトであるマンハッタン計画でも中心的な役割を演じ、1944年にロスアラモス国立研究所のアドバイザーとなった。

しかし、その後の水素爆弾の開発には倫理的な観点から反対をしている。第二次世界大戦後はシカゴ大学で宇宙線の研究を行った。1954年、により死去。死の床においても、点滴のしずくが落ちる間隔を測定し、流速を算出していたという。彼がイタリアで率いた同年代の研究仲間たち(ラガッツィ・ディ・ヴィア・パニスペルナ)は、後にアメリカやソビエトへ渡り、米ソの素粒子物理学の基礎を築いた。

エンリコ・フェルミにちなみ、原子番号100の元素フェルミウム (Fermium)と命名されている。また、10のマイナス15乗メートルは1フェルミとされた。小惑星の一つもフェルミと名付けられた。

9月27日生まれの有名人



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト

羽生 善治(はぶ よしはる、1970年9月27日 - )は、日本の将棋棋士。二上達也九段門下。棋士番号は175。

1996年2月14日に将棋界で初の7タイトル独占を達成。

2012年7月5日、棋界の金字塔と目されていた大山康晴の通算タイトル獲得期数80期の従来記録を抜き、歴代単独1位[注 1]となった。全7タイトルのうち竜王を除く6つでの永世称号(永世名人(十九世名人)・永世王位・名誉王座・永世棋王・永世棋聖・永世王将)の資格の保持(いわゆる「永世六冠」)に加え、名誉NHK杯選手権者の称号を含めた7つの永世称号の保持は史上初[注 2]である。

通算優勝回数141回、通算公式戦優勝回数131回、通算タイトル獲得89期、タイトル戦通算登場回数118回、同一タイトル戦連続登場回数22回(王座)、同一タイトル獲得通算21期(王座)は歴代1位の記録である。また、通算非タイトル戦優勝回数52回・通算非公式戦優勝回数10回も歴代1位である。一般棋戦優勝回数42回は大山(44回)に次いで歴代2位である。詳細は主な成績を参照。

1つ以上のタイトルを23年に渡って維持しており、さらに1992年に王座・竜王を獲得して以降、一冠までに追い込まれたのは2004年のわずか89日間(王座)のみである。その前後も年度複数冠は達成しているため、年度複数冠継続の記録は2014年現在も更新中である。

羽生とほぼ同じ年齢にトップクラスの実力者が集中しており、彼らは「羽生世代」と呼ばれる。

9月26日生まれの有名人



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト

オリビア・ニュートン=ジョンAO, OBE(Olivia Newton-John, 1948年9月26日 - )はイギリス生まれ、オーストラリア育ちの歌手、実業家。1970年代から1980年代半ばにかけて数多くのヒット曲を放ち、世界的な人気を博した。現在もレコーディング、コンサート、自社ブランドのオーナーなど、多方面で活躍する。本来はオリヴィア・ニュートン=ジョンだが、日本では通常オリビア・ニュートン・ジョンと表記している。公称身長167.5 cm(5フィート6インチ)。

イングランド・ケンブリッジ生まれ。母方の祖父はアインシュタインとも親しかったドイツのノーベル賞受賞物理学者マックス・ボルン (Max Born)、ウェールズ人の父親はケンブリッジ大学のドイツ語教授であった。5歳の時に父がオーストラリアの大学に移り、家族とともに移住。14歳の頃から学友とバンドを組んで、バーなどで歌い始めた。1965年、出演したオーディション番組で優勝。その懸賞で英国に戻り、1966年にデビューした。

クリフ・リチャードのバック・コーラスなど下積みの時期がしばらく続いたが、1970年にヴァル・ゲスト監督による『オリビア・ニュートン・ジョンのトゥモロー』Toomorrow で映画主演し、歌も披露。1971年にボブ・ディランがジョージ・ハリスンに提供した曲のカバー『イフ・ノット・フォー・ユー』If Not For You がヒットしたのをきっかけにスターの階段をのぼり、可愛らしいルックスとカントリー系の素朴な路線で着実に人気を集めた。1973年頃よりMOR、コンテンポラリー色を強め、1974年のシングル『愛の告白』I Honestly Love You が全米1位を獲得、グラミー賞の最優秀レコード賞と最優秀女性歌唱賞に輝いた。1975年にアメリカに移住した後も『そよ風の誘惑』 Have You Never Been Mellow などのヒットを連発する。

女優としては1978年のミュージカル映画『グリース』でジョン・トラボルタと共演。興行成績は大成功を収め、サントラからも『愛のデュエット』、アカデミー賞歌曲賞候補となった『愛すれど悲し』、『想い出のサマー・ナイツ』が連続ヒットし、押しも押されもせぬ世界的なスターとなる。1980年の映画『ザナドゥ』に主演。興行成績は不発に終わるも、サントラ曲『マジック』、ELOとの『ザナドゥ』、クリフ・リチャードとのデュエット『恋の予感』(日本ではシングルにならず『春風の誘惑』Suspended in Time がシングル・カット)がヒット。トラボルタと再度共演した『セカンド・チャンス』のサントラ曲『運命のいたずら』、『ディスペレイト・タイムス』といったヒットを挟み、アンディ・ギブと『愛は微笑みの中に』など、AOR系のデュエット曲を発表。

1981年にはロック色を強め、アップテンポなディスコ調の『フィジカル』をリリース。全米でビルボード10週連続1位、キャッシュボックス8週連続1位、1982年度の年間チャート1位という爆発的ヒットを記録する(エアプレイ中心のラジオ&レコーズでは『フィジカル』は1位にならず、ビルボード、キャッシュボックスで『フィジカル』に抑えられ2位どまりだったフォリナーの『ガール・ライク・ユー』が逆に1位を独走していた)。当時のフィットネスブームを意識し、ミュージックビデオではレオタード姿でエアロビクスを踊るという強烈なイメージ戦略があたり、オリビアのセールスはこの頃にピークを迎えた。しかし、その意味深な歌詞のせいもあって、保守色の強い州南部などの一部の放送局では、この曲の放送を自粛する動きも見られた。

1985年のシングル『ソウル・キッス』がミディアム・ヒットに終わってセールスが一段落すると、ポーランド人のダンサーであるマット・ランタッジとの結婚生活に入り、音楽界と若干の距離を置く。その後、出産、乳癌手術などを経て、環境保護活動やがん啓蒙活動といった社会運動に取り組みはじめ、ユニセフ親善大使もつとめた。

1994年の音楽界復帰後は定期的なライブツアーを行なうほか、2000年のシドニーオリンピック開会式で「Dare To Dream」を披露した。

2012年、自身が鬱病との闘病生活を送っている事を告白した。

9月25日生まれの有名人



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト

足利 義満(あしかが よしみつ)は、室町時代前期の室町幕府第3代将軍(在職1368年 - 1394年)である。父は第2代将軍足利義詮、母は側室の紀良子。

南北朝の合一を果たし、有力守護大名の勢力を押さえて幕府権力を確立させ、鹿苑寺(金閣)を建立して北山文化を開花させるなど、室町時代の政治、経済、文化の最盛期を築いた。義満が邸宅を北小路室町へ移したことにより、義満は「室町殿」とも呼ばれた。のちに足利将軍を指す呼称となり、政庁を兼ねた将軍邸は後に歴史用語として「室町幕府」と呼ばれることになった。

9月24日生まれの有名人



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト


みなさんこんにちは(^^)
9月24日生まれの有名人をご紹介します。

1564年生まれ‼
三浦按針。
歴史が好きな方ならよくご存知の方。
本名はウィリアム・アダムス。
私もこの方がなぜか好きで、学生のころ三浦という名の友人を「あんじん」と呼んでました。


ウィリアム・アダムス(英: William Adams, 1564年9月24日 - 1620年5月16日(元和6年4月24日))は、江戸時代初期に徳川家康に外交顧問として仕えたイギリス人航海士・水先案内人・貿易家。日本名の三浦 按針(みうら あんじん)としても知られる。

関ヶ原の戦いの約半年前の1600年4月29日(慶長5年3月16日)、リーフデ号は豊後の臼杵に漂着した。自力では上陸できなかった乗組員は、臼杵城主太田一吉の出した小舟でようやく日本の土を踏んだ。太田は長崎奉行の寺沢広高に通報。寺沢はアダムスらを拘束し、船内に積まれていた大砲や火縄銃、弾薬といった武器を没収したのち、大坂城の豊臣秀頼に指示を仰いだ。この間にイエズス会の宣教師達が訪れ、オランダ人やイギリス人を即刻処刑するように要求している。

結局、五大老首座の徳川家康が指示し、重体で身動きの取れない船長ヤコブ・クワッケルナックに代わり、アダムスとヤン=ヨーステン・ファン・ローデンスタイン、メルキオール・ファン・サントフォールトらを大坂に護送させ、併せて船も回航させた。

5月12日(慶長5年3月30日)、家康は初めて彼らを引見する。イエズス会士の注進でリーフデ号を海賊船だと思い込んでいた家康だが、路程や航海の目的、オランダやイギリスなど新教国とポルトガル・スペインらカトリック国との紛争を臆せず説明するアダムスとヤン=ヨーステンを気に入って誤解を解いた。しばらく乗組員達を投獄したものの、執拗に処刑を要求する宣教師らを黙殺した家康は、幾度かにわたって引見を繰り返したのちに釈放し、城地である江戸に招く。

アダムスが長崎平戸からロンドンのイギリス東インド会社本社へ宛てた手紙の一部。1613年12月1日付け。(大英図書館蔵)
江戸でのアダムスは帰国を願い出たが、叶うことはなかった。代わりに家康は米や俸給を与えて慰留し、外国使節との対面や外交交渉に際して通訳を任せたり、助言を求めたりした。また、この時期に、幾何学や数学、航海術などの知識を家康以下の側近に授けたとも言われている。帰国を諦めつつあった彼は、1602年頃日本橋大伝馬町の名主で、家康の御用商人でもあった馬込勘解由の娘、お雪(マリア)と結婚した。彼女との間には、息子のジョゼフと娘のスザンナが生まれている。

やがて江戸湾に係留されていたリーフデ号が沈没すると、船大工としての経験を買われて、西洋式の帆船を建造することを要請される。永らく造船の現場から遠ざかっていたアダムスは、当初は固辞したものの受け入れざるを得なくなり、伊東に日本で初めての造船ドックを設けて80tの帆船を建造した。これが1604年(慶長9年)に完成すると、気をよくした家康は大型船の建造を指示、1607年には120tの船舶を完成させる(この船は1610年になって、房総の御宿海岸で遭難し地元民に救助された前フィリピン総督ロドリゴ・デ・ビベロに家康から貸し出され、サン・ブエナ・ベントゥーラ号と名付けられた)。

この功績を賞した家康は、更なる慰留の意味もあってアダムスを250石取りの旗本に取り立て、帯刀を許したのみならず相模国逸見(へみ)に采地も与えた。また、三浦 按針("按針"の名は、彼の職業である水先案内人の意。姓の"三浦"は領地のある三浦半島に因む)の名乗りを与えられ、異国人でありながら日本の武士として生きるという数奇な境遇を得たのである。のち、この所領は息子のジョゼフが相続し、三浦按針の名乗りもジョゼフに継承されている。

9月22日生まれの有名人



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト


吉田 茂(よしだ しげる、1878年(明治11年)9月22日 - 1967年(昭和42年)10月20日)は、日本の外交官、政治家。位階は従一位。勲等は大勲位。

外務大臣(第73・74・75・78・79代)、貴族院議員(勅選)、内閣総理大臣(第45・48・49・50・51代)、 第一復員大臣(第2代)、 第二復員大臣(第2代)、農林水産大臣(第5代)、衆議院議員(当選7回)、皇學館大学総長(初代)、学校法人二松学舎舎長(第5代)などを歴任した。


東久邇宮内閣や幣原内閣で外務大臣を務めたのち、内閣総理大臣に就任し、1946年5月22日〜1947年5月24日、および、1948年10月15日〜1954年12月10日まで在任した。

優れた政治感覚と強いリーダーシップで戦後の混乱期にあった日本を盛り立て、戦後日本の礎を築いた。ふくよかな風貌と、葉巻をこよなく愛したことから「和製チャーチル」とも呼ばれた。

政治活動以外の公的活動としては、廃止された神宮皇學館大學の復興運動に取り組み、新制大学として新たに設置された皇學館大学にて総長に就任した。また、二松学舎では、金子堅太郎の後任として学校法人の理事長にあたる舎長に就任した。

なお、内務官僚を経て貴族院議員となり、米内内閣の厚生大臣や小磯内閣の軍需大臣を務めた吉田茂は、同時代の同姓同名の別人である。

9月21日生まれの有名人



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト

安倍 晋三(あべ しんぞう、1954年(昭和29年)9月21日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(7期)、内閣総理大臣(第96代)、自由民主党総裁(第25代)。

内閣総理大臣(第90代)、内閣官房長官(第72代)、自由民主党総裁(第21代)、自由民主党幹事長(第37代)などを歴任。

父方の祖父の安倍寛(元衆議院議員)、母方の祖父の岸信介(第56・57代内閣総理大臣)、大叔父の佐藤栄作(第61 - 63代内閣総理大臣)、父の安倍晋太郎(元外務大臣)、弟の岸信夫(衆議院議員)などがいる。妻は森永製菓第5代社長・松崎昭雄の長女・昭恵。

大学卒業後、神戸製鋼所社員、外務大臣秘書官を経て衆議院議員となる。内閣官房副長官、自由民主党幹事長、同幹事長代理、内閣官房長官等を歴任。2006年(平成18年)に自由民主党総裁、内閣総理大臣に就任。2007年(平成19年)9月26日に内閣総理大臣を退任。2012年(平成24年)9月に自由民主党総裁、同年12月26日に内閣総理大臣に再就任。


1991年(平成3年)に総裁候補の最有力と目されていた父・晋太郎が急死。1993年(平成5年)に父の地盤を受け継ぎ、第40回衆議院議員総選挙に山口1区から出馬し初当選した(安倍後援会は新生党古賀敬章や日本新党江島潔含め三分裂、江島は1995年下関市長となり手打ち)。当選後はかつて父・晋太郎が会長を務めた清和政策研究会に所属する(当時の会長は三塚博)。1995年(平成7年)の自民党総裁選では荒井広幸や石原伸晃と共に小泉純一郎選対の中核になった。1997年(平成9年)自民党青年局長に就任。1998年(平成10年)に政策集団NAISの会を結成。厚生族として社会保障などに通じた議員と見られていた[要出典]。

9月20日生まれの有名人



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト


ソフィア・ローレン(Sophia Loren, 1934年9月20日 - )はイタリアを代表する女優である。本名はソフィア・ヴィラーニ・シコローネ(Sofia Villani Scicolone)。アレッサンドラ・ムッソリーニは彼女の妹アンナ・マリアの娘である。本来はローレンよりもロレーンに近い発音である。

ソフィアは1951年にハリウッドの超大作『クオ・ヴァディス』に端役で出演したが、1957年の『島の女』が公開されると彼女は国際的スターと見なされるようになった。この作品において、彼女の水に濡れて体のラインが浮き立つシーンは象徴的であった。

ソフィアはその初期のハリウッド作品『楡の木蔭の欲望』(ユージン・オニールの演劇)、『月夜の出来事』(ケーリー・グラントとのロマンティック・コメディ)、『黒い蘭』(アンソニー・クインとのロマンチック・ドラマ)でセックスシンボルとしてだけではなく、演技力と喜劇的な実力をも証明した。

1960年代までに、ソフィアは世界で最も人気のある女優のうちの1人としてハリウッドとヨーロッパの両方で作品に出演した。1960年の『ふたりの女』でアカデミー主演女優賞を受賞。この作品のプロモーションでソフィアとセラーズは共にアルバムをレコーディングした。

イタリアを代表する女優として現在も高い人気を誇る。1996年にイタリア共和国功労勲章(カヴァリエーレ・ディ・グラン・クローチェ)を受章。2006年には、トリノオリンピックの開会式でオリンピック旗を掲揚する際の旗手を務めた。

SSCナポリの熱心なサポーターである。セリエA昇格が期待される2007年には「ナポリが昇格したらストリップショーを開いてもいい」と発言した。

9月19日生まれの有名人



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト

高橋 是清(たかはし これきよ、1854年9月19日〈嘉永7年閏7月27日〉 - 1936年〈昭和11年〉2月26日)は、日本の幕末の武士(仙台藩士)、明治、大正、昭和時代初期の官僚、政治家。立憲政友会第4代総裁。第20代内閣総理大臣(在任 : 1921年〈大正10年〉11月13日 - 1922年〈大正11年〉6月12日)。栄典は大勲位子爵。幼名は和喜次(わきじ)。内閣総理大臣としてよりも大蔵大臣としての評価の方が高い。


そのふくよかな容貌から「ダルマ蔵相」、「ダルマさん」と呼ばれて親しまれた[3]。国会での三木武吉によるヤジは特に有名。
在任中は主に積極財政政策をとり、井上準之助が行った緊縮財政としばしば対比される。また、公債発行による財政政策、乗数効果をプリミティブな形とはいえケインズに先だって説き、実践した。
現在一般化している一般歳入の補填を目的とした国債発行を日本で初めて実行したことでも知られており、それを含め現在の日本の金融政策にも大きな影響を及ぼしている。
高橋が岡田内閣に入閣した際に、既に同内閣に対して野党宣言をしていた立憲政友会総裁の鈴木喜三郎は同内閣に入閣した政友会党員4名全員を除名しようとした。だが、元総裁の高橋を除名した際の党内に与える動揺を恐れて、高橋を「離別」すると宣言(あとの3名は除名処分)してお茶を濁した。

日本銀行券B50円券
歴代日銀総裁のなかで唯一その肖像が日本銀行券に使用された人物。1951年(昭和26年)から1958年(昭和33年)にかけて発行された五十円券がそれである。
高橋是清は、赤坂御所に対面する青山通り沿いに、敷地約2,000坪の広大な屋敷を構えていた[7]。邸宅跡は現在、高橋是清翁記念公園として整備されており、建物の一部は江戸東京たてもの園(東京都小金井市)に移築されて公開されている[3][8]。
酒好きで有名。国会本会議場の席でも堂々と茶碗酒をすすっていたが、誰も咎める者はなかった。
1951年から1958年にかけて発行された50円札の肖像に使われた。

9月18日生まれの有名人



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト


土井 隆雄(どい たかお、1954年(昭和29年)9月18日 - )は、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)に所属する宇宙飛行士。これまでに2回、スペースシャトル搭乗ミッションを行った。天文家。東京都南多摩郡(現・町田市)出身。既婚。

東京大学大学院修了後、宇宙科学研究所(ISAS)研究生、アメリカ航空宇宙局NASA研究員を経て1985年、毛利衛・向井千秋とともに、当時の宇宙開発事業団(NASDA)初の宇宙飛行士に選抜された。

しかし、ペイロードスペシャリスト(PS)としての任務はまず最年長の毛利、2回目は女性初となる向井が行うことになり、土井は彼らをサポートした。この間にミッションスペシャリスト(MS)候補に若田光一が就任したが、土井は向井のサポート任務に専念しており、結果的には後輩の若田がMSとして先に飛行することになった。土井も毛利とともに、改めてMS資格を取得し、その後の任務に備えた。

選抜以来サポート役をこなし続けてきた土井を待っていたのは、日本人初の船外活動という晴れ舞台だった。1997年のSTS-87で、土井は船外活動用宇宙服に身を包み、国際宇宙ステーション(ISS)建設に備えた技術試験を行った。

毛利と向井が事実上引退した後も、同期の中で唯一、現役宇宙飛行士として活動を続け、2008年には日本初の有人施設「きぼう船内保管室」の設置を担当した。また同年の宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士選抜試験のNASA最終面接において面接官の一人を務めた。

宇宙飛行士として多忙な日々を送る傍ら、天文家としての活動も知られている。2002年と2007年には超新星を発見したほか、天文物理学の博士課程を修了している。

2009年9月に宇宙の平和利用政策を担当する国連宇宙部・宇宙応用課長に着任。宇宙開発で得られた各種観測データや研究成果の世界各国への提供、ISSに各国研究者を受け入れる体制の構築などに取り組む意向を示した。任期は2年の予定。

9月17日生まれの有名人



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト




塚本 幸一(つかもと こういち、1920年9月17日 - 1998年6月10日)は日本の実業家。ワコール創業者。滋賀県神崎郡五個荘町(現・東近江市)出身。

1920年(大正9年) - 繊維問屋を営む父・粂次郎、母・信の長男として、宮城県仙台市に生まれた。
1938年(昭和13年) - 滋賀県立八幡商業学校(現滋賀県立八幡商業高等学校)卒業。兵役まで家業を手伝う。
1945年(昭和20年) - インパール作戦に従軍するが生還。
1946年(昭和21年) - 復員当日、創業。和江商事(ワコールの前身)創設。アクセサリー販売を行う。
1947年(昭和22年) - 八幡商業の同級生である三菱重工業社員の川口郁夫、同校の臨時教員中村伊一を招へい。
1948年(昭和23年) - アクセサリーの売上が伸び悩み始めたときに、取引先からブラジャーを紹介される。
1949年(昭和24年) - 京都百貨見本市でブラジャーを出品。和江商事株式会社設立。代表取締役社長に就任。
1950年(昭和25年) - 世界一の下着メーカーを目指して10年一節の『50年計画』立てる。高島屋との取引を開始。
1951年(昭和26年) - 京都の縫製業者、木原工場と和江商事を合併。専務に就任。
1952年(昭和27年) - 再び社長に就任。
1956年(昭和31年) - 海外メーカーの進出を受けて欧米視察旅行を行う。
1957年(昭和32年) - 社名をワコールへ変更。この頃、『ブラジャーでビルを建てた近江商人』と話題になる。
1962年(昭和37年) - 労使交渉で満額回答を出す。
1964年(昭和39年) - ワコールを株式上場させ、京都財界の中心人物となる。
1983年(昭和58年) - 京都商工会議所会頭就任。
1987年(昭和62年) - ワコール社長を退任。
1990年(平成2年) - 勲二等瑞宝章受章
1997年(平成9年) - 日本会議初代会長

9月16日生まれの有名人

東国原 英夫(ひがしこくばる ひでお、1957年9月16日 - )は、宮崎県都城市出身の政治家、タレント。前衆議院議員(1期)。第17代宮崎県知事。

かつてお笑い芸人であり、ビートたけし率いる芸人集団・たけし軍団の一員でビートたけしの最初の弟子。俳優、作家としての活動歴がある。タレント時代は「そのまんま東」(そのまんま ひがし)や「東英夫」(ひがし ひでお)という芸名で活動していた。

専修大学経済学部経済学科卒業、早稲田大学第二文学部社会人間系専修卒業、早稲田大学政治経済学部政治学科中退。




スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト


9月14日生まれの有名人

フリードリヒ・ハインリヒ・アレクサンダー・フォン・フンボルト(Friedrich Heinrich Alexander, Freiherr von Humboldt, 1769年9月14日 - 1859年5月6日)はドイツの博物学者兼探検家、地理学者。兄がプロイセンの教育相、内相であり言語学者のヴィルヘルム・フォン・フンボルト。

近代地理学の金字塔、大著『コスモス』を著したことは有名。カール・リッターとともに、近代地理学の祖とされている。また、ゲーテやシラーや、ヨーロッパ滞在中のシモン・ボリバルなどと、親交があった事でも知られる。

9月13日生まれの有名人

山東 京伝(さんとう きょうでん、宝暦11年8月15日(1761年9月13日) - 文化13年9月7日(1816年10月27日))は、江戸時代後期の浮世絵師、戯作者。寛政の改革における出版統制により手鎖の処罰を受けた。

本名は岩瀬醒(いわせ さむる、初めの名は田臧(のぶよし))。一説に排田または灰田。狂歌名を身軽折輔と号した。幼名は甚太郎。通称は京屋伝蔵または田蔵。字は伯慶。後に酉星(有儕)。山東庵、山東窟、山東軒、珊洞散士、鼯鼠翁、臍下逸人、洛橋陳人、甘谷、菊亭、菊軒、菊花亭と号す。江戸・深川の出身。

父は岩瀬伝左衛門。妹きぬ[1]、弟・相四郎[2]、合巻作者の山東京山は実弟。黄表紙・狂歌作者の黒鳶式部(実名よね)は実妹[3]。[4]。

錦絵はほぼ天明年間に集中し、寛政3年以降の京伝の作品はほとんど蔦屋重三郎・鶴屋喜右衛門が版元となっている。京伝の合巻は特に挿絵の面白さが魅力で、大変な人気を誇っていた。考証的な仕事、風俗絵巻も残している。

弟子には山東鶏告(さんとうけいこう)・山東唐洲らがいるが、後に曲亭馬琴の入門を断ったように弟子は取らなくなった。

東京都墨田区両国の回向院に「岩瀬醒墓」(京伝)・「岩瀬百樹之墓」(京山)、「岩瀬氏之墓」(伝左衛門)がある[5]。法名は弁誉智海京伝信士。京伝が没した翌年、弟の京山が浅草寺境内に「机塚」の碑を建立した。



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト


9月12日生まれの有名人

9月12日生まれの有名人

イレーヌ・ジョリオ=キュリー(Irene Joliot-Curie、1897年9月12日 - 1956年3月17日)は、フランスの原子物理学者。父はピエール・キュリー、母はマリ・キュリー。妹はエーヴ・キュリー。パリ生まれ。


(左から)ピエール、イレーヌ、マリ
パリ大学でポロニウムのアルファ線に関する研究で学位を取得。1926年、母マリの助手だったフレデリック・ジョリオと結婚。1934年に30Pを合成し、1935年、「人工放射性元素の研究」で、夫フレデリックと共にノーベル化学賞を受賞。 1936年、ブルム内閣の科学担当国務次官に就任。また同年、母の後任としてパリ大学教授にも就任。


イレーヌとフレデリック・ジョリオ=キュリー(1934年)
夫フレデリックはフランス共産党員だったが、イレーヌは婦人同盟員だった。

長年の放射能研究により1956年白血病で死去。



スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト

9月11日生まれの有名人

生誕寿永元年8月12日1182年9月11日

源 頼家(みなもと の よりいえ)は、鎌倉時代前期の鎌倉幕府第2代将軍鎌倉殿)。鎌倉幕府を開いた源頼朝の嫡男で母は北条政子(頼朝の子としては第3子で次男、政子の子としては第2子で長男)。

父・頼朝の急死により18歳で家督を相続し、鎌倉幕府の第2代鎌倉殿、征夷大将軍となる。若年の頼家による従来の習慣を無視した独裁的判断が御家人たちの反発を招き、疎外された母方の北条氏を中心として十三人の合議制がしかれ、頼家の独断は抑えられた。

合議制成立の3年後に頼家が重病に陥ると、頼家の後ろ盾である比企氏と、弟の実朝を担ぐ北条氏との対立が起こり、北条氏一派の攻撃により比企氏は滅亡する。頼家は将軍職を剥奪され、伊豆国修禅寺に幽閉されたのち、北条氏の手により暗殺された。頼家追放により、北条氏が鎌倉幕府の実権を握る事になる。

スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト

9月10日生まれの有名人

アーノルド・ダニエル・パーマーArnold Daniel Palmer, 1929年9月10日 - )は、アメリカペンシルベニア州ラトローブ出身のプロゴルファー

彼の名前に由来するファッションブランド「アーノルド・パーマー」を指すこともある。ウェイクフォレスト大学中退。PGAツアー通算62勝は歴代5位。

スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
→こちら スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイト

9月9日生まれの有名人

みなさんこんにちは。
今日が誕生日の有名人は誰?

副島 種臣(そえじま たねおみ)
文政11年9月9日1828年10月17日) - 明治38年(1905年1月31日)は、江戸時代末期(幕末)の志士佐賀藩士、明治時代日本官僚政治家勲等勲一等爵位伯爵。初名は竜種(たつたね)。通称は次郎(じろう)。に蒼海(そうかい)、一々学人(いちいちがくじん)などがある。書家としても優れた作品を残した。

スーパー大仙人・ミラクルクリエーターのオフィシャルサイトは
こちら→スーパー大仙人・ミラクルクリエーター
ギャラリー
  • ミラクル大仙人と行く開運神社参拝ツアー第15回~房総半島1宮三社参り~洲崎神社、安房神社、玉前神社参拝のご案内
  • ◆◆◆11月13日(日)皆神山UFO神社、善光寺参拝ツアーの詳細をお知らせ
  • ◆◆◆11月13日(日)皆神山UFO神社、善光寺参拝ツアーの詳細をお知らせ
  • ◆◆◆11月13日(日)皆神山UFO神社、善光寺参拝ツアーの詳細をお知らせ
  • ◆◆◆11月13日(日)皆神山UFO神社、善光寺参拝ツアーの詳細をお知らせ
  • 第12回開運神社参拝ツアー、榛名神社・赤城神社の秘密~その6
  • 第12回開運神社参拝ツアー、榛名神社・赤城神社の秘密~その6
  • 第12回開運神社参拝ツアー、榛名神社・赤城神社の秘密~その6
  • 第12回開運神社参拝ツアー、榛名神社・赤城神社の秘密~その6
livedoor プロフィール